フォード『エコスポーツ』画像ギャラリー ― 躍動感にあふれるコンパクトSUV

「動的な」を意味する「キネティック・デザイン」を採用し、「ONE FORD」戦略を掲げて、最近のフォード車は、フォーカスもフィエスタもひと目見てダイナミックなエクステリアを手に入れています。

FORD_ECOSPORT_Exterior_055月31日に日本デビューを果たすコンパクトSUVのエコスポーツも例に漏れず、「キネティック・デザイン」を進化させたフォードの新世代グローバル・デザインテーマ「New Global Design Language」を反映。

 FORD_ECOSPORT_Exterior_01コンパクトなサイズを感じさせない、躍動感に満ちたエクステリアが魅力で、台形をモチーフとしたクロームのフロント・グリルや「レーザーカット・デザイン」と呼ばれるスリムで切れ長のヘッドライトなどが印象的です。

FORD_ECOSPORT_Exterior_03一方で、オフロード走行も想定した大きなアプローチアングルやデパーチャーアングルリヤハッチに搭載するフルサイズ・スペアタイヤ、樹脂素材でカバーされたバンパーやサイドシルなど、SUVらしい力強いディテールを盛り込んでいます。

 FORD_ECOSPORT_Exterior_07

オンロード的な香りがするルノー・キャプチャー、そしてエコスポーツはよりオフロード的なデザイン要素を採用し、プジョー2008はその中間からオンロード寄りのイメージでしょうか。

FORD_ECOSPORT_12フォードにはかつてマツダとの兄弟車でもあったエスケープがありましたが、大きめのクーガと小さめのエコスポーツがそのニーズに対応する形になるのでしょうか。

■フォード小型SUV「Eco Sport(エコスポーツ)」今年後半にも日本導入へ
https://clicccar.com/2014/01/14/242497/

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。