新型ヴォクシー/ノアのハイブリッドを選ぶなら知っておくべき差別化の方法

もちろん人気車種になるだろうし、好調なスタートダッシュを決めるとも思っていましたよ。だけど、実際に数字を聞くととんでもなく予想外なのですよね。何のことかというと、トヨタの新型ミニバン「ヴォクシー」と「ノア」の受注状況。なんと、発売1カ月で6万1000台も受注したんだそうです。6千じゃなくて、6万ですよ!! 最初聞いたときには桁を間違えているのかと思いました。

凄いですね。1年間で6万台を売り上げるクルマだってそうそうないのに、たった1カ月でそれを受注してしまうとは。ちなみに、「ヴォクシー」はガソリン車が約2万4000台でハイブリッドが約1万3000台。「ノア」ではそれぞれ約1万4000台と約1万台なのだそうです。けっこうハイブリッド比率が高いですね。

ハイブリッドのいちばんの特徴は低燃費ですが、実はモーターのアシストによる力強さもメリット。人を多く乗せるシーンもあるミニバンだけに、スーッと加速してくれるモーターのサポートは運転のしやすさにもつながるんですよ。

逆に、「ヴォクシー」や「ノア」のハイブリッドに関していえば、ウィークポイントはミニバンにおいて定番のエアロ仕様が選べないこと。じゃあ、ハイブリッドのエアロが欲しい人はどうしたらいいんだ……? 
そんな悩みを解決するのが、ディーラーで購入や取り付けができるトヨタモデリスタのエアロキットというわけです。

MODELLISTA1u3z1566

まずはヴォクシーから見ていきましょう。

MODELLISTA1u3z1543
ヴォクシーには、フロントバンパーを車両の標準装着品と交換する「エアロツアラーキット」を用意。「MODELLISTA Version ZERO」と名付けられたフロントバンパーに、サイドスカートとリヤスカートをセットにしてプライスは27万900円(塗装済み)。もちろん、未塗装や各部品単品でも購入できます。

 mode_f
車両標準装着のバンパーに組み合わせるタイプもエアロキットも、用意しています。14万1750円(塗装済み)。

MODELLISTAmode_zs_f MODELLISTAmode_zs_r
エアロ仕様「ZS」用のアイテムも、もちろんありますよ。フロントスポイラーとリヤスカートのセットで7万3500円(塗装済み)。 

 MODELLISTAmode1_f MODELLISTAmode1_r
ノア用はすべて車両標準装着のバンパーとの組み合わせ。ハイブリッドも含めた非エアログレードには、メッキで細部を飾った「MODELLISTAエアロキットVer.1」を13万6500円(塗装済み)で設定。フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートの3点での構成です。

 

 MODELLISTAmode2_f
メッキを外したシンプルなスタイル「MODELLISTAエアロキットVer.2」は、フロントスポイラーとリヤスカートの2点セットで5万9300円(塗装済み)とリーズナブルな価格設定も魅力です。

 

 mode_si_f mode_si_r

また、ノアのエアロ仕様「Si」に組み合わせる「MODELLISTAエアロキット」もラインナップ。フロントスポイラーとリヤスカートのセットで8万2950円(塗装済み)となっています。

  _DSC4170
デザイナーさんによると「モデリスタのドレスアップアイテムは、ヴォクシー用がよりスポーティな雰囲気を高めるのに対してノア用はメッキパーツを追加することでプレミアム感を強調」とのこと。ヴォクシーをもっとスポーティに、ノアをさらに高級で上質なスタイリングにしたい。そんな欲求を満たしてくれる、クオリティの高いカスタマイズアイテムというわけです。

また、忘れちゃいけないのがエアロの美しさを引きたてる追加アイテム。

 MODELLISTA1u3z1609
たとえばホイールは17インチと18インチで計4種類をラインナップしています。撮影車両が装着しているのは「MODELLISTA WingDancerIII」と呼ぶ17インチホイールで、推奨タイヤサイズは205/50R17。ホイールのみだと13万1250円、タイヤ(ダンロップエナセーブRV503★)とのセットも19万4250円で選べます。デザインが美しいのはもちろんのこと、一般的な汎用品と違ってインセット量などもヴォクシー/ノア専用設計のサイズだから、ジャストフィットするのがいいですね。 

 MODELLISTA1u3z1570
車高が約20mm低くなる「ローダウンスプリング」も用意。“普段は見えないお洒落”的なイエローのカラーリングもいいですね。3万6750円。 

 1u3z1506_DSC4084
リヤスタイルに安定感を与えるマフラーエンドは、出口だけを交換する「マフラーカッター」(写真左)が2万3100円。さらにマフラー本体まで交換する「スポーツマフラー」(写真右)も5万2500円~6万900円で選べます。どちらも90mm×75mmもスクエアデュアルで見た目のドレスアップ効果はかなり高い仕上がり! ちなみにノーマルバンパーには装着できず、リヤスカートとの組み合わせが必要となります。 

プチドレスアップとしては、

 1u3z1521
ナンバープレートの周囲を覆う「バックドアガーニッシュ(メッキ)」:2万3100円 

 MODELLISTAdoor_grile_garnish
ドアハンドルガーニッシュ(メッキ):1万2600円

 MODELLISTAfender_illumi_arch MODELLISTAfender_illumi_arch_on
夜間はスモールランプに連動してLEDが光る「フェンダーイルミアーチ」:8万1900円 

 MODELLISTAled_license_lamp_after
LEDライセンスランプ(左右2個セット):8400円 

 MODELLISTA1u3z1515
バックドアスムージングパネル:3万7800円(塗装済み)/3万3600円(素地)

などが用意されています。これらは、エアロと組み合わせるのはもちろんのことエアロは装着せずに単品で取り付けるのもアリですね。 

 そして忘れちゃいけないのが、インテリア。

MODELLISTApanel_brown
インパネ、ドアトリム、そしてエアコン吹き出し口周囲の金属調パネルと6点の部品で室内の上質感を高めるインテリアパネルセットを用意しています。

MODELLISTA_DSC4157
パネルは「茶木目調」のほか、「黒木目調」、そして「ピアノブラック」(写真)の3タイプ。価格は4万3050円です。実はヴォクシー/ノアのインテリアには木目調の設定がないんですよね。だから木目調のコーディネートで高級感を高めたい!っていう人はもう装着必至。

フィッティングは抜群だし、トレイを照らすLEDランプを内蔵しているのもポイントです。
MODELLISTApanel_led_on
「ベース車の特徴的なインテリアデザインを強調させ高級感とスタイリッシュさを作り出すことを考えました。助手席側にはベース車のトレイ部分を照らすLEDランプを内蔵することで夜間のドライブを快適にするとともに先進的なインテリア空間を演出しますよ。」とデザイナーさんは開発の狙いを教えてくれました。

 1u3z1560
いくら気に入って買ったクルマでも、さすがに街で頻繁に見かけるようになると個性をトッピングしたくなるもの。そんなとき、ディーラーで購入や取り付けができる「モデリスタ」のカスタマイズアイテムはとても強い味方になってくれるのです。

デザインや品質が優れているのはもちろん、1年間もしくは2万kmの保障だってついているし、新車購入と同時に取り付ければ新車ローンにだって組み込める。すでに新型ヴォクシー/ノアの契約を済ませて今か今かと納車を待っている人も、これから購入を考えているという人もチェックする価値ありですよ。

※記載の価格は5%の消費税を含みます。また、取り付け費は別途必要となります。

トヨタモデリスタ http://www.modellista.co.jp/

関連記事
新型ノアのエアログレード「Si」にプレミアム感を加える方法
https://clicccar.com/2014/03/13/246983/

ノアのオーナーが感じている人気車種ゆえの悩みはこうやって解決
https://clicccar.com/2014/01/22/244389/

新型ヴォクシー・エアロ仕様をさらにスポーティに見せる技
https://clicccar.com/2014/01/29/244749/

まだ売っていないはずの新型ヴォクシーとノアがあった!【東京オートサロン2014】https://clicccar.com/2014/01/10/242573/

トヨタのミニバン新型「ノア/ヴォクシー」登場! ハイブリッドの燃費はリッター23.8km!!https://clicccar.com/2014/01/20/244638/

トヨタ新型「ノア」 「ヴォクシー」画像ギャラリー ─ ハイブリッドはリッター23.8km、価格285万円からhttps://clicccar.com/2014/01/21/244658/

++この記事の公開までにアップした関連記事へのリンクを追加してください++

(工藤貴宏)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事