PHVのトヨタ「NS4」が次期マークXの「Re BORN」に最適!

トヨタの中核を成すFRセダンと言えば「マークX」。

2009年10月に登場した現行モデルはクラウンが6,000~7,000台/月以上のペースで売れているのに対して、モデル末期が近い事もあり、平均1,400台/月の販売状況。

TOYOTA_NS4

国内市場でエンジンのダウンサイズが進む中、マークXはクラウン並みの排気量である2.5Lと3.5Lモデルのみで、HVモデルが無い事もあり、今一つ人気面でパンチに欠けるのも事実。 

現行モデルは発売後既に5年目を迎えており、本来なら今年フルモデルチェンジされる筈ですが、巷の噂では2015年に延期されるとの情報も。 

TOYOTA_MARK_X

FRからFFになる?との話も一昨年から囁かれていますが、同クラスにはHV専用車の「カムリ」が存在する為、販売上で被らないように配慮する必要が有りそうです。 

そこで浮上して来るのが兄貴分のクラウンや兄弟クラスのカムリとは全く異なる魅力的なエクステリアデザインをまとったHVセダンへと変貌させる案。 

それには一昨年にトヨタがデトロイトモーターショーで発表したコンセプトPHVの「NS4」をベースにするのがやはり最適と言えそうです。 

現行マークXのスペックが全長4750mm×全幅1795mm、ホイールベース2850mmに対して、「NS4」のスペックが全長4,650mm×全幅1,770mm、ホイールベースが2,700mmと、次期マークXを若干ダウンサイズするには程良いサイズ感。 

TOYOTA_NS4

スポーティグレードを望む顧客向けには現行モデルのように専用チューニングを施した「Gs」グレードをラインナップ、「スポーティHV」路線を打ち出すという案。 

TOYOTA_MARK_XTOYOTA_MARK_X

クラウンがモデルチェンジした際、「トヨタもクラウンも生まれ変わらないといけない」と豊田章男社長が強調していたように、マークXもそろそろ「Re BORN」する必要性が高まっているように感じるのは筆者だけでは無い筈。 

TOYOTA_NS4

やがてその全貌が見えて来そうな次期マークX。出来れば華麗な変身ぶりに期待したいところです。 

〔関連記事〕
6代目「クラウン マジェスタ」はダウンサイジング ! クラウンと共用進む
https://clicccar.com/2013/09/10/230351/ 

新型クラウンの開発でトヨタが取り組んだデザイン改革とは ?
https://clicccar.com/2013/01/03/208500/ 

新型クラウンが発売3カ月で2.6万台 ! ハイブリッドが55%超え !
https://clicccar.com/2013/04/13/217600/ 

「Re BORN」成功? 新型クラウンが発売3週間で1.9万台受注!
https://clicccar.com/2013/01/22/211313/ 

14代目クラウン事前受注の60%がHV! 狙いはミニバン保有層!
https://clicccar.com/2012/12/28/208237/

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=249164