「Re BORN」成功? 新型クラウンが発売3週間で1.9万台受注!

トヨタ自動車は12月25日にデビューした14代目クラウンが、発売3週間後の1月15日時点で受注台数1万9000台に達したと発表しました。 

月販目標(4000台)に対して、約7倍近く受注(1ヶ月換算)した計算に。これは愛知県豊田市の元町工場で17日に行われた新型クラウン ラインオフ式の式典後に同社が報道陣に向けて明らかにしたもの。

先代クラウンが発売された2008年初頭からモデル末期の2012年末まで約5年間の平均月販台数が約3500台だったことを考えると、新型では平均500台/月程度の販売増を期待している事が判ります。 

トヨタ クラウン ロイヤル HV

現状ではやはりHVモデルが半数以上を占めているようで、エンジンのダウンサイジングによるコンパクトカー並の燃費(JC08モード 23.2km/L)や販売価格の大幅引き下げが功を奏している模様。 

発売直後は大胆に変貌したフロントマスクに戸惑いを覚えた顧客も多かったようですが、実車を見たり乗ったりするうちにクラウンらしい質感に納得するケースが多いと言います。 

トヨタ クラウン ロイヤル HV

豊田章男社長は元町工場で「新型クラウンで日本のものづくりの底力を示して行こう !  グローバルトヨタの生産活動を支えるマザー工場としてクラウンと共に進化を遂げてほしい」と現場を激励。また、式典後の会見では「14代も続いて歴史を語れる車は他にない」と強調。

「Re BORN」した新型クラウンへの期待がかかります。

<関連記事>
■14代目クラウンが「Re BORN」して登場 ! ハイブリッド車の燃費は23.2km/L !
https://clicccar.com/2012/12/25/208091/ 

■14代目クラウン事前受注の60%がHV! 狙いはミニバン保有層 !
https://clicccar.com/2012/12/28/208237/ 

■新型クラウン ロイヤルシリーズ公式HP
http://toyota.jp/crownroyal/index.html?ptopid=men 

■新型クラウン アスリートシリーズ公式HP
http://toyota.jp/crownathlete/index.html 

Avanti Yasunori

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/?p=211313

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。