プリウスPHVの燃費・電費・充電時間、そして伸びたEV走行距離はどう評価される?

ハイブリッド燃費の目標値を37.0km/L(JC08モード燃費)に据えた新型プリウスPHV。

ノーマル・プリウスの最高値37.2km/L(Eグレードは40.2km/L)と比較すると、「あまり変わらない?」と思うかもしれません。

が、こちらはPHVですから充電が可能で、充電による航続可能距離は60km以上(等価EVレンジのこと、EV走行換算距離ともいう)と、従来型PHVの26.4kmから大幅に延びる模様です。

PRIUS_PHV_20

また、新型プリウスPHVの「JC08モード走行ハイブリッド燃費」とは「ハイブリッド燃料消費率」のこと。

具体的には、外部充電した電力を使わずに走行する際の燃費である「ハイブリッド走行時(Charge Sustaining走行/エンジン駆動によるハイブリッド走行の領域のこと)」の燃費です。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事