北米で日産が好調! 5か月連続前年比増、2月は新記録を達成

自動車メーカーのベアアップが新聞紙上を賑わせています。トヨタは満額回答にはなりませんでしたが、円安効果もあって平成26年3月期通期は各社好調のようです。

2014 Nissan Altima

10日に3月期の通期業績見通しを発表した日産は、営業利益が前期比11.7%増の4900億円になっています。

日産はとくに北米が好調で、2月は前年比15.8%増、2月単月で11万5360台をクリアし、5か月連続で15.8%増を達成。

2014 Nissan Rogue

中でもミッドサイズセダンのアルティマセダンが絶好調で11.3%増の3万849台を記録し、ピックアップのフロンティアも111.7%プラスの5791台を登録しています。さらに、2014年モデルのローグ(エクストレイル)も前年同月比72.6%もの増加により1万7197台と2月の販売記録をクリア。

インフィニティは新しいQ50(スカイライン)が好調で、前年同月比6.4%増を達成し、Q50の2月の販売台数は3275台に達しています。

中国でも2月は17.8%増と12か月連続で前年比を上回っていますから、世界1位と2位の自動車市場での好調ぶりが際立ちます。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事