次期「スープラ」? トヨタがスポーツクーペ「FT-1」を公開!【デトロイトモーターショー2014】

トヨタ自動車が1月13日、米国デトロイトモーターショー2014でスポーツクーペ「FT-1」をワールドプレミアしました。 

FT-1は同社のスポーツカーデザインの方向性を提示したコンセプトモデル。

TOYOTA FT-1

設立40周年を迎えたトヨタの米国デザイン拠点「Calty(キャルティ)」がデザインを担当、「1967年発売のトヨタ 2000GTまでさかのぼるトヨタのスポーツカーの歴史をヒモ解きながらその情熱を注ぎ込んだ」としています。 

エクステリアは全体的に曲線を強調、力強さを感じさせる造形となっており、FR駆動方式での重量配分を考慮したコックピット配置と併せて、クラシックスポーツカーのようなスタイリングを表現したと言います。 

TOYOTA FT-1

フロントウインドシールドやドアガラスのカーブ形状に「トヨタ 2000GT」のモチーフが取り込まれており、抑揚の強いフェンダー形状と相まって運動性能の高さを予感させるデザインとなっています。 

またコーナーリング時の視界をより確保するため、フロントピラーを後方に配置。
ボディサイドには最適な空力特性を得るべくダイナミックなエアインテークや車両後部には格納式の可動リヤウイングを設定。

TOYOTA-FT-1

インテリアはスポーツカーに相応しい低重心で機能的なコックピットとし、ドライバーが運転に集中して操る楽しさを体感できるようにデザインしたとのこと。 

運転中の重要情報をステアリングホイールの真上に表示させることで、ドライバーの視線の動きを最小化し、操作性を向上。 

TOYOTA FT-1

フォーミュラーカーを思わせるステアリングホイールや、三角形をモチーフにしたメーター類が「FT-1」のスポーツカーとしてのポテンシャルを強く主張しています。 

同車はプレイステーション用カーシミュレーションソフト、「グランツーリスモ6」で展開中の「ビジョン・グランツーリスモ」ともコラボしており試走可能となる模様。 

TOYOTA FT-1

もしかすると、このクルマが以前から噂さされているトヨタ86の兄貴分に当たる、次期「スープラ」なのかもしれません。

海外メディアによると、HV仕様で400psを発生する2.5L 直4ターボ付きエンジンを搭載しているとの情報も有り、今後のトヨタのスペック公開が注目されます。

〔関連記事〕
トヨタ86(ハチロク)には実は兄弟が存在した!? 【速報】
https://clicccar.com/2011/12/17/93709/

未発売のBMW M4で駆け抜ける喜びを味わえる!【GT6】
https://clicccar.com/2013/12/29/241210/

「GT6」の本物感はここまできた【動画】
https://clicccar.com/2013/12/19/240433/

 (Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=243755