メルセデス・ベンツがネット販売をスタート!

独ダイムラーが12月3日、ドイツ国内の顧客向けにメルセデス・ベンツブランド車のネット販売を開始しました。

Mercedes_Benz

同社は「Aクラス」「CLAクラス」「Bクラス」「CLSシューティングブレーク」の4車種の標準仕様モデルのネット販売に向けて「Connect me(コネクト・ミー)」と称するウェブサイトを開設。

 Mercedes_Benz_CLA_Class

ネット受注は独ハンブルクのベンツ販売代理店がを担当しており、車両はドイツ各地の販売店から購入者の元へ届けられるシステム。 

ダイムラーによると販売車両を標準仕様のみに限定している為、納車までの時間が短縮可能で、月初に発注すれば月内に納車されるイメージとか。 

Mercedes_Benz

ディーター・ツェッチェCEOはBMWやAudiに匹敵する利益率確保を目指しているようで、「インターネット上での販売により、メディアに精通した若い消費者を取り込める可能性が出る」としています。 

同社はドイツで若者のクルマ離れが進む中、通販システムの導入により新たな顧客層開拓に繋げたい考え。 

当面は既存の店舗販売網を補完する形でネット販売をスタート。気になる販売価格は販売店購入の場合と同じと言います。 

メーカー直販により中間マージンが削減されて価格を安く設定出来る筈ですが、系列販売店への配慮を理由に一気に価格を引下げるのでは無く、まずは様々な特典などを付加する方向でネット販売の浸透を図る戦略。 

Mercedes_Benz_CLA_ClasMercedes_Benz_A_Class

産経新聞によればドイツに於ける新車購入層のうち30歳未満は僅か7%弱に留まっているそうで、年齢層は上昇し続けており、市場は先細りの一途。 

欧州では長らくクルマのネット販売はタブーとされて来ましたが、そうも言っておられず、BMWや仏ルノー傘下のダチアも既に試験導入に踏み切っており、ダイムラーがいずれネット販売対象を全車種展開するのは時間の問題と思われます。 

将来的に欧州勢が日本でもネット販売を始めれば恐らく国内自動車各社も追従せざるを得ず、流通スタイルに変革がもたらされて、販売店の役割は主に定期点検・修理やデリバリー業務に特化されて行くことになるのかもしれません。 

■Mercedes-Benz 「Connect me」 Web販売サイト
https://www.connection-online.mercedes-benz.com/

〔関連記事〕
・新型ベンツ「Cクラス」 BMW「2シリーズ」ティザー登場 !
https://clicccar.com/2013/10/23/233993/

・メルセデスベンツ新型Cクラスフルヌードまで布一枚撮!
https://clicccar.com/2013/10/12/232826/

・メルセデスベンツが流麗な「Sクラスクーペ」を発表!
https://clicccar.com/2013/09/17/231069/

・M3超えた! C55AMG(次期Cクラス)脅威の実力
https://clicccar.com/2013/08/29/229174/

・スタイリッシュでスポーティ、高級感にもあふれるメルセデス・ベンツの新型クーペが日本上陸
https://clicccar.com/2013/07/24/226208/

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=239708

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。