スバルぶつからないミニカーのCMが広告賞One Showデザイン部門で「金賞」を受賞

クリッカーでも以前ご紹介しましたぶつからないミニカーのCMが、広告賞One Showデザイン部門で「金賞」を受賞しました。ぶつからないミニカーと言えば、あのじゃがりこ好きのトミ・マキネン氏にサインをいただいたあのミニカーです。

ぶつからないミニカーCM_5

そのCMがこちら。

One Show Designは米国の非営利団体The One Clubにより運営される広告賞で、毎年優れた広告作品に対し「One Show」、「One Show Design」、 「One Show Interactive」、「One Show Entertainment」などの賞が与えられます。これは、「カンヌ国際広告祭」、「クリオ賞」と並ぶ、世界三大広告賞の一つとされているんだそうです。

スバル宣伝担当者によると、

『撮影用のミニカーは150台を用意し、撮影しています。撮影の際に苦労した点は、ミニカーを実際に走らせたところ、ミニカーにも個体差があり、細かい速度がマチマチだったり直進性が違っていたり、きれいに並べたとしても、思う通りの動きにならず、何度も何度もやり直しをして撮影をしました』

とのこと。

へー、へー、ヘー! CG合成が万能の時代にあって、ホントに走らせて撮影してたんだ。こりゃスゴいことです。金賞を取るだけありますね。

実車は直進性を良くするため、「アライメント調整」ができるようになっていますが、販促グッズのミニカーにそんな機能はあるはずありません。どうやって調整したのか、苦労が目に浮かびます。

製品の特徴をわかりやすく、しかも楽しく紹介して、賞まで受けてしまう。絶好調のスバルだからこその結果かも知れませんね。おめでとうございます。

(小林和久)