ボルボ S60/V60/XC60シリーズがビッグマイナーチェンジ

日本ではコンパクトモデルV40のデビューで注目を集めているボルボ。本国ではセダンの「S60」、ステーションワゴンの「V60」、クロスオーバーの「XC60」を擁する中心モデルのひとつ「60」クラスをビッグマイナーチェンジしています。

そのテーマは「よりダイナミックに、よりエレガントに」。 

 

新しいフロントマスクは、北欧の自然にインスパイアされたというマイルドなもの。これまでグリル内で存在感を主張していたレーダーセンサーも独立したカバーではなく、さり気ない雰囲気に変えられています。

走りのステーションワゴンというV70のイメージを強めるためにクーペ的なテイストを イメージした変更が施されたといいます。またリヤシートの使い勝手を向上させ、ワゴンとしての基本的なキャビン性能も向上させています。

威風堂々とした佇まいへと変身したXC60は、またコーナートラクションコントロールを標準装備することで、スリッピーな路面からハイウェイまでを安全・安心に走り抜けることができるそうです。 

そのほか、AT車にパドルシフトを与えたり、安全装備としてハイビーム自動制御を加えたりと、全面的に進化したボルボ60クラスタ。デザインとクオリティのレベルを大幅に向上させるビッグチェンジということです。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。