7代目シボレー・コルベット、伝統のV8エンジンは健在【デトロイトショー2013】

昨年秋の宣言通り、2013年1月13日のデトロイトショーにて、7代目シボレー・コルベットがワールドデビューを果たしています。

キャッチコピーは、『リターン・オブ・ザ・スティングレイ』。

シボレー・コルベット・スティングレイと、伝統の名前を復活させた7代目モデルの特徴は、軽量化に力を入れていること。アルミフレームの内製化、カーボンのアウターパネルの積極採用などにより、史上もっとも燃費性能に優れたコルベットになる、ということです。

エンジンは6.2リッターV8。もちろんバルブ駆動は伝統のOHVとなっています。しかし、可変バルブタイミング機構や筒内直接燃料噴射などのテクノロジーを投入させたブランニューのエンジンといいます。

最高出力は450馬力(335kW)、最大トルクは450lb-ft(610N.m)、標準グレードとしては史上最強のコルベットだとアナウンスされています。

組み合わされるのは7速トランスミッションで、ドライバーをサポートする「アクティブ・レブ・マッチング」機構が備わるとのこと。

取り外しできるルーフパネルはカーボン製とするなど軽量化にも配慮しています。また前後重量配分50:50を実現しているのも、走りを重視したこだわりのひとつ。

空力においては空気抵抗を軽減させつつ、サーキットでの安定性を高めることを両立させることを目指したといいます。 

詳細なスペックは発売時期までのお楽しみという7代目コルベット・スティングレイ。その本国での発売は2013年第3四半期、つまり今夏にデリバリー開始ということのようです。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。