【新型ワゴンR】減速エネルギーを利用するほど燃費性能は向上するを実践

2012年9月6日に発表予定の新型ワゴンR。28.8km/Lというクラストップの燃費性能を実現したという、このニューモデルは、優れた燃費性能を実現したキーワードとして『発電』をアピールしています。

ハイブリッドカーでなくとも、電気仕掛けで動いている部分がかなりを占める現代のクルマ。その電力はバッテリーから取り出しているようにも見えますが、現実的にはエンジンでオルタネーター(発電機)を回してまかなっています。

つまり、電装パーツを動かすための発電によるエネルギー消費は無視できません。そのための「発電」を、いかに効率よくするかは、いまの省燃費テクノロジーにおいて基本といえます。

ポピュラーなのは、減速時にだけオルタネーターを作動させることで減速エネルギーによって発電しようというもの。”マイクロハイブリッド”と呼ばれることもあるエネルギー回生システムです。

 

スズキが新型ワゴンRに搭載する発電技術『ene Charge』は、そうしたエネルギー回生技術を、さらに進めたシステム。

加速時にはオルタネーターをできるだけ動かさず、減速時だけ発電するようにしても、発電した分を溜められなければ意味がありません。そこで、ワゴンRに採用する『ene Charge』では、アイドリングストップ車専用の鉛バッテリーにプラスして、充電しやすいリチウムイオンバッテリーを併用しています。

減速エネルギーを利用して発電するだけではなく、充電しやすい蓄電装置をプラスすることで、エネルギー回生全体の効率を上げているというわけです。 

さらに、オルタネーターも高出力タイプとすることで、減速エネルギーからできるだけ電気を生み出そうというのも、「発電」にこだわったからこその選択といえそうです。

ハイブリッドカーでも、まだまだ採用例の少ないリチウムイオンバッテリーを採用するという、まさに「発電」へのこだわりが生んだシステムが、新型ワゴンRの優れた燃費性能につながるキーテクノロジーということなのでしょう。
(山本晋也)