スズキから10年ぶりに市販ハイブリッドカーが登場しました

軽自動車やコンパクトカーで存在感をみせるスズキは、ハイブリッドやEVといったエコカーとは距離を置いているようにも見えますが、どっこいハイブリッドカーの発売を開始しました。

それが「スマートシンプルハイブリッド」を搭載した3列シート8人乗りのミニバン「ランディ」です。

といっても、ランディは日産セレナのOEMモデルで、セレナのS-HYBRID搭載に伴うマイナーチェンジ。同時に、セカンドシートとサードシートの中央席に3点式シートベルトを採用するなど法規対応の変更も遂げています。

OEMモデルとはいえ、スズキがハイブリッドカーを一般市販するのは、約10年ぶりのこと。

2003年1月に軽自動車初のハイブリッドカーである「ツインハイブリッド」を129万円~で販売以来のハイブリッドカーなのです。

ツインといえば全長が軽自動車規格よりも小さな2シーターのコミューターでしたが、最新のハイブリッドカーであるランディは、8人乗りで220万750円~ですから、時代が違うといはいえハイブリッドカーもずいぶんとリーズナブルになったと感じられるのでは?

ちなみにハイブリッドシステム用バッテリーとして鉛電池を使用する国産ハイブリッドカーとしても、ランディ(セレナ)はツインハイブリッド以来というのは、単なる偶然にしてもおもしろいものです。

(山本晋也)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=188560

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事