VWにつづくエコ度の高いクルマはレクサス、トヨタ、トヨタ…

VW up!がドイツでもっともエコなクルマに選ばれました、というニュースがありました。ドイツの自動車団体Verkehrsclub Deutschland (VCD)による2012-2013環境対応車ランキングについての話題ですが、はじめてトップに立ったという天然ガス自動車「VW エコアップ!」に続くのは、どのような顔ぶれなのでしょうか。

■VCD2011-2013環境車ランキング・トップ10  ※()内はポイント

1.VW エコアップ!(8.03)
2.レクサス CT200h(7.83)
3.トヨタ プリウス(7.53)
4.トヨタ iQ 1.0(7.43)
5.トヨタ プリウス+(7.38) ※日本名:プリウスアルファ
6.トヨタ オーリスハイブリッド(7.33)
7.トヨタ ヤリスハイブリッド(7.23)
8.日産 PIXO 1.0(7.03)
9.ホンダ インサイト(6.98)/ジャズハイブリッド(6.98)※日本名:フィットハイブリッド

ドイツでは、環境指向でディーゼルエンジンが主流といいますが、騒音や有害物質などを考慮すると、このようにガソリンエンジンのオンパレードとなってしまうようです。

ちなみに、8位にランキングされている日産PIXO(ピクソ)はスズキからOEM供給を受けているAセグメントのリッターカー。オーリスやヤリス(ヴィッツ)のハイブリッドは日本では販売されていませんが、基本的なハイブリッドシステムはプリウスやアクアと同じといえます。

なお、VCDによるこのランキングは、CO2排出量を60%、騒音を20%、NOxやパティキュレートの排出を15%、そして環境負荷を5%の割合で計算して算出されているということです。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。