円高の影響がやっと? メルセデス・ベンツ Eクラスが値下がり!

 5月15日、メルセデス・ベンツ日本がEクラスの一部仕様変更と車両価格見直し、ラインアップ追加を発表しました。

 

それによると、
・ E 250 BlueEFFICIENCY(セダン/ステーションワゴン)
 装備・価格を見直し(-39万円~)
 インテリジェントライトシステム、メモリー付パワーシートを標準装着のまま一部装備見直し 

・ E 250 BlueEFFICIENCY アバンギャルド(セダン)
 装備・価格を見直し(-43万円~)
 AMGスポーツパッケージ標準装備のままパノラミックスライディングルーフをオプション化 

・ E 250 BlueEFFICIENCY ステーションワゴン
 アバンギャルドを新設定
 セダンと同様にAMGスポーツパッケージを標準装備。

 ※E 250全モデルがエコカー減税(75%もしくは50%減税)及び、エコカー補助金の対象

・E 550 BlueEFFICIENCY アバンギャルド(セダン/ステーションワゴン)
 ダッシュボードとドアパネル上部にステッチ入りのレザーARTICOを採用(価格は据え置き)

 ・オプション価格の見直し
 AMG スポーツパッケージ: 45 万円⇒ 30 万円(税込)
 パノラミックスライディングルーフ:24万円⇒20万円(税込)
 リヤエンターテインメントシステム:35万円⇒28万円(税込)

車両価格詳細についてはこちらを参照下さい。 

■メルセデス・ベンツ日本
http://www.mercedes-benz.co.jp/

Avanti Yasunori

 

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。