ゴールデンウィーク・集中的に遊べる道の駅/出雲・宍道湖コース【車中泊女子の全国縦断記】

ついにゴールデンウィーク突入!
関東編の前回から一気に山陰地方に飛んで、今回は出雲・宍道湖コースをご紹介します。

道の駅『キララ多伎』
海岸から見た道の駅『キララ多伎』

道の駅『キララ多伎
島根県出雲市多伎町多岐135-1
(山陰道 出雲インターから約8km)
物産館、ベーカリー、カフェ、ラーメン屋、お食事処併設。無線LAN利用可能。
キララビーチ(海水浴場)に隣接、海岸に遊歩道あり(道の駅に足洗い場あり)。
特産はいちぢくで、ソフトクリームやジャム、姿煮などなどオリジナル製品多数。

海岸沿いのキララビーチラインにある『見晴らしの丘公園』内にコテージ・ログハウス(サウナ付き)・オートキャンプ場・バーベキューハウス・コインランドリーがあります。

観光>『しまね花の郷』まで約10km。薬草・ハーブ園、子ども広場もあり、4/28(土)〜30(月・祝)『ボタン祭り』、5/3(木・祝)〜6(日)『家族でわくわく フラワーフェスタ』開催。大人200円、小・中・高校生100円、6歳未満無料。
日帰り入浴施設>『いちじく温泉』まで約4km。

道の駅『大社ご縁広場』
道の駅『大社ご縁広場』

道の駅『大社ご縁広場』
島根県出雲市大社町修理免735-5
展示資料館『吉兆館』(無料)共用、物産館などはありません。

観光>出雲大社(一畑電鉄大社線 出雲大社駅まで約500m)、日御碕神社(経島/ウミネコ繁殖地まで約13km)。
出雲大社は『平成の大遷宮』中でたいへんな人出&渋滞なので、道の駅から歩いて行く方が無難です。
『出雲文化伝承館』『島根ワイナリー』まで約5km。

道の駅『湯の川』
道の駅『湯の川』

道の駅『湯の川
島根県簸川郡斐川町学頭825-2
(山陰道 宍道インターから約2km)
物産館、レストラン、花ハウス、足湯、温泉スタンド併設。
特産は出西ショウガで、この4月20日から『湯の川ジンジャーワイン』を発売!

日帰り入浴施設>日本三美人の湯・湯の川温泉『出雲いりすの丘 ひかわ美人の湯』まで約1km。

道の駅『秋鹿なぎさ公園』
道の駅『秋鹿なぎさ公園』

道の駅『秋鹿なぎさ公園
島根県松江市岡本町1048-1
一畑電車/北松江線 秋鹿町駅に近く、宍道湖に面しており、カヌー・ヨットなどの貸し出しもしています。更衣室&シャワー室あり。
レストラン、デイキャンプ(焚き火は厳禁)、展望所(野鳥観察)、芝生公園、遊歩道あり。
特産は宍道湖のシジミ。第1週と第3週の土日(9〜16時)のみ農作物やシジミの直売があります。

観光>世界最大級の展示温室を持つ花と鳥のテーマパーク『松江フォーゲルパーク』まで約500m。松江市の町並み、『小泉八雲記念館』まで約10km。
日帰り入浴施設>松江しんじ湖温泉『松江ニューアーバンホテル別館』まで約10km、鹿島『多久の湯』まで約12km。

時間に余裕があれば、中海まで足を延ばしたい!

道の駅『本庄』
道の駅『本庄』

道の駅『本庄』
島根県松江市野原町401-8
物産館、喫茶・軽食併設、ファミリーマートに隣接。
中海に面しており、東方には中国山地の最高峰、霊峰・大山が見えます。
特産は西条柿。ジュース、ソフトクリームなど加工品多数。

観光>本庄は武蔵坊弁慶の誕生地(諸説あり)とされ、弁慶島(亀島)、華蔵寺、長見神社の弁慶願状など弁慶ゆかりの名所があります。
美保関の町並み/出雲御三社のひとつ、事代主神系えびす社の総本社『美保神社』/関の五本松(ツツジの名所)/美保関灯台まで約15〜18km。

境港で新鮮魚貝類に舌鼓♪
『ゲゲゲの鬼太郎』でお馴染みの139体の妖怪ブロンズ像が立ち並ぶ『水木しげるロード』を散策するのも面白いですヨ。
境港の日帰り入浴施設>『みなと温泉』

道の駅『あらエッサ
島根県安来市中海町118-1
(山陰道 米子西インターから約1km)
物産館、お食事処、情報コーナー併設。5月1日(火)〜5月6日(日)1周年感謝祭開催!

観光>国の史跡・米子城跡まで約3km。
日帰り入浴施設>皆生温泉『OU(おーゆ)ランド』『皆生ホテル汐の湯』まで約7km。

(松本しう周己)

【リンク切れ、画像がすべて見られない方は】https://clicccar.com/?p=143262

この記事の著者

松本しう周己

松本しう周己 近影
高校は美術科を卒業し、印刷会社のデザイン部に就職するも2年足らずで退職してフリーターに。主にコンサート・イベント関係で全国を駆け回る。その後、なぜかウェブデザインの道へ。仕事としてはクルマとの接点はまったくないが旅行好きでドライブ好き、20年前から道の駅などで車中泊していた。「ネットを通して仕事ができれば、どこにいても構わないのでは」と、2005年、ついにキャンピングカーを自宅兼仕事場としてしまった。根は機械オンチなため、日進月歩の日々。