トヨタ86、スバルBRZにはコンバーチブルモデルが存在する!

海外メディアによると発売が間近に迫った「トヨタ86」(海外モデル名:TOYOTA GT 86)と「スバルBRZ」にコンバーチブルモデルが存在すると伝えています。昨年12月にはスバルBRZ、そして今年3月にはドイツのカーメディアがトヨタ GT 86のコンバーチブルバージョンをそれぞれCG合成画像で掲載。

いずれも「開発元からの情報」としており、信憑性が高そうです。登場時期についてははっきりしたことは判らないようですが、まずは海外向けに先行投入されるのではないでしょうか。

トヨタは1987年に4代目セリカを米国ASC(アメリカン・スペシャリティ・カーズ)でコンバーチブルに改造、後に日本でも発売した経緯が有るので今回もそのパターンの可能性が強そう。

86系は「コンバーチブルモデル追加を前提に初期段階から計画済み」だそうです。
確かにクローズド・ボディをオープン化する際にはボディ各部の補強が必要となるので、ベースが弱いと車両重量が大幅に増加する為、設計への配慮が重要なのは言うまでもありません。

3月8日から開幕するジュネーブオートショーでVWがGolf GTI に自動開閉機構を備えたコンバーチブルモデルを出展するそうなので、トヨタとしても前宣が必要と判断したのかもしれません。ちなみにお値段は欧州価格で€ 35,000 (約378万円)との予想だそうです。

【画像がすべて見られない方は 】https://clicccar.com/119519

<外部リンク>
Toyota GT 86 kommt als Cabrio (autobild.de)
Here’s your inevitable Subaru BRZ convertible rendering [w/poll](autoblog)

Avanti Yasunori

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。