新型ミライ登場! 2代目は超ロングノーズ後輪駆動に進化【トヨタ 東京モーターショー出品車】

●シンプルに「これかっこいい!」といえるカタチになった新型MIRAI

トヨタは東京モーターショー2019において燃料電池自動車の2代目モデル『ミライ コンセプト(MIRAI Concept)』を出品します。

フロントショット
シグネチャーライトはフロントフェンダー中央まで回り込んでいます

このミライ コンセプトの全長は4975mm、全幅は1885mm。全高は1470mmなります。初代モデルに対して全高は65mmダウン、一方で全長が85mmpuプラスされています。

また駆動方式も従来のFFから後輪駆動に変更してきました。

サイドスタイル
ホイールは前後共に20インチ

外観デザインは6ライトを採用した流行のセダンクーペフォルムです。前後タイヤは20インチの超大径サイズ。

意図的に長く取られたボンネットなどにより、燃料電池車であるかどうかということよりも先に、シンプルに「これかっこいい!」と言えるカタチになったことが大ニュースです。

リアスタイル
クーペ的なスタイルを持っています

もちろんメカニズム面での向上も大きいです。FCシステムを完全に刷新し、水素タンクを容量拡大することで、航続距離を30%伸ばすことを目標に開発されています。

インテリア
ステアリングは意外なほど小径でした。センターには12.3インチのモニター装備

インテリアに目を移しても、外観同様にかっこいいものとなっています。

まずはレクサスLSに通じるような繊細で且つ大きな曲面を使ったインパネが目を引きます。また初代モデルでは4人乗りでしたが、今モデルから後席3人掛けの乗車定員5人となったこともニュースです。

このミライコンセプトは2020年末からの販売開始が予定されています。デビューが待ち遠しいモデルです。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!? 時代をリードする企業「ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストン」を清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事