【デトロイトショー】BMWのアクティブハイブリッドは円筒型電池で動く!?

間もなく1月9日から開幕するデトロイトオートショー2012。そこに出展されるBMWの最新ハイブリッドカー2台のバッテリーサプライヤがアメリカのA123社で、使用されているリチウムイオンバッテリーが同社の「AHR32113」であることが判明したと海外で報道されています。

 

その2台のハイブリッドカーとは、先日の東京モーターショーでワールドプレミアを飾ったアクティブハイブリッド5と第六世代になった新型3シリーズに登場するアクティブハイブリッド3。

 

 

 

BMW ActiveHybrid 3
BMW ActiveHybrid 5

一見すると単三電池のようにも見えるのでカンタンに交換できそうにも思えますが、この「AHR32113」はハイブリッドカーをターゲットに開発された円筒型のリチウムイオンバッテリー。円筒状は冷却に不利という見方もありますが、ハイブリッドカーでいえば話題のフィスカーにもバッテリーを供給しているA123が専用開発した電池を、BMWが車載パッケージ設計しているといいます。ちなみにアクティブハイブリッド5には、この円筒型バッテリーを96本搭載しているとのこと。

 

なお自動車の駆動用リチウムイオンバッテリーといえば、たとえば日産リーフが搭載しているのはオートモーティブエナジーサプライ(日産とNECの合弁会社)のラミネート型。シボレー・ボルトは韓国・LG化学のラミネート型を使用、テスラは次期モデルからパナソニックのバッテリーパックを使うと公表されています。

 

スペック、形状ともまだまだ単純な規格部品となっていないリチウムイオンバッテリー、国境を超えたメーカーとサプライヤの動向から2012年も目が離せそうにありません。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事