やりすぎ感漂うインプレッサ【痛G ふぇすた2011】

やりすぎ感漂うインプレッサ
やりすぎ感漂うインプレッサ

痛車のイベントも、大規模なものになると
かなり走りに振ったモディファイをする参加者も多くなりますが
ここまでやっちゃう痛車はそうそうお目にかかれません。

 

やりすぎ感漂うインプレッサ
やりすぎ感漂うインプレッサ

このインプレッサ、走りに振るというよりも見た目だけはWRC!
カーボンの補助ランプマウントなどという高価なパーツを
惜しげもなく痛車に投入する気合はかなりのもの。
しかし、このインプレッサ、見た目だけのレプリカではありません。

 

やりすぎ感漂うインプレッサ
やりすぎ感漂うインプレッサ

走行会にも積極参加し、それこそやりすぎ感漂う走りを見せてくれます。

 

やりすぎ感漂うインプレッサ
やりすぎ感漂うインプレッサ

雨の日の走行会なんて、痛車というよりも本物のラリーカーに見えます。

 

(北森涼介)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。