ダウンサイジングした新型フォルクスワーゲンパサートは18.4km/Lです

フォルクスワーゲンの上級車“パサート&パサートヴァリアント”が新しくなりました。

フォルクスワーゲンパサート
フォルクスワーゲンパサートヴァリアント

今度の目玉は排気量をダウンサイジングして、燃費を良くしたことです。

日本はハイブリッドやCVTによって燃費を良くする傾向にありますが、フォルクスワーゲンはエンジンは排気量をダウンして、ターボなどの過吸によってパワーを上げる、低速トルクを補うためにマニュアルの自動変速であるDSGによって1速は発進のわずかな部分だけ使って即シフトアップしたり、マメな変速で効率の良いエンジン回転を使う手法がとられています。今度のパサートももちろんこの流れで、世界的にはコチラのほうが主流になりつつあるようです。まあ、ハイブリッドはこれから実用化するんでしょうけど、まずはエンジンの燃焼効率を上げられるまで上げてから、という考えみたいです。

そうしてパサートのエンジンは1.4リッターのターボエンジンとなり、トランスミッションは7速DSGです。その結果、10・15モードのカタログ燃費では18.4km/Lとなって、このサイズ(パサート:4785×1820×1490mm/パサートヴァリアント:4785×1820×1530mm)のクルマの中ではかなりいい結果となっています。

概して輸入車は、日本のモード燃費測定運転のスペシャリストがいないとか、もともと日本のカタログ燃費を良くするために作られているわけではない、などの理由で、逆に実用燃費により近い値がカタログに記載されているというのが通例です。なので、この18.4km/Lはかなりいい数字といっていいんでしょう。

価格はセダンパサートが324万円と374万円、ステーションワゴンのパサートヴァリアントが346万円と396万円で、すべてがエコカー減税対象となり、15.5〜17.8万円の減税が受けられます。

メカ好きにもたまらないクルマで、実用上も価格的にも魅力的なんじゃないでしょうか。

(小林和久)

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。