ヴィッツの発表会でトヨタの意地が垣間見れた瞬間

 

日産リーフの神奈川県の導入式を見終えて、ヴィッツの発表会場に行ってきました。

ぎりぎりまで神奈川県庁にいたのと思ったより会場が遠くにあったので、到着したときはすでに豊田章男社長がご挨拶されてました。

その周りにはMCの女性のほかに5人の今回のヴィッツ開発に関わった方々が着席してました。

ヴィッツのよさをチーフエンジニアをはじめとして、詳細に説明してくれてます。

その中のお一人は、ウインドウガラスの担当者でした。私、新車の発表会の壇上でガラスの担当者が説明しているのは初めて見た気がします。

ヴィッツは女性ユーザーもターゲットなので、世界初の99%UVカットガラスを採用しているのをアピールしています。

前回のラクティスの発表会では新垣結衣ちゃんが出てきてくれたのは一部に好評だったものの、一部のジャーナリストは途中退席したり、新車発表会じゃなくCM発表会だったなどと言われたりしたのを受けて、今回はそこまでエンジニアを呼んだんだのかな、などと思ってました。

 

ところが、その後、今度はCM発表会が始まりました。

大沢たかおさんと生田斗真さんが登場しました。二人が探偵をやっている設定のCMだそうです。競演の女の子も来てました。そして、大きなクリスマスツリーも登場。

 

うーん、日本はもちろん、世界中で売れなくてはいけないヴイッツ。発表会も隙を見せない、手間隙コストのかけようが垣間見れた気がしました。

(小林和久)

 

 

 

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事