衝突回避支援を全車標準装備した天才タマゴ最新形 ─ トヨタ・エスティマ画像ギャラリー

独特のワンモーションフォルムから「天才タマゴ」というキャッチコピーと共にトヨタ・エスティマ(初代)が誕生したのは1990年5月。そのイメージを受け継ぐ3代目モデル(現行)が誕生したのは2006年1月と、かなりのロングセラーとなっているLクラス・ミニバンです。

esth1606_21_s

そのエスティマ/エスティマハイブリッドが、2016年6月6日にワンモーションフォルムを強調するニューマスクになって生まれ変わりました。

フロントフード、グリル、バンパー、そしてフェンダーまでも新造形としたフロントマスクにはBi-Beam LEDヘッドランプが組み合わされ、まったくモデルライフの長さを感じさせないフレッシュな表情となっています。

インテリアでは、センターメーターといった基本骨格はそのままに、合成皮革を使ったインパネがLクラスにふさわしいムードを演出します。また、メーターパネルは新意匠に、4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを新設するなど、最新モデルらしい雰囲気となっています。

さらに、単眼カメラとレーザーセンサーによる先進安全システム「トヨタ セーフティセンスC」を全車に標準装備。衝突被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームが備わっています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事