おすすめ記事一覧

自動車業界全体に影響を与えた故・徳大寺有恒さんを偲ぶお別れの会

2015/02/17 20:33 by   ニュース・新車, 訃報

2014年2月9日、「故徳大寺有恒氏お別れの会」が紀尾井町のホテル ニューオータニ・鳳凰の間でしめやかに行われました。

Tokudaijisan_35

徳大寺有恒さんは説明する必要も無いほど雑誌、書籍からWEBに至るまで、自動車メディア全般に、いや自動車業界そのものに大きな影響を与えました。名著「間違いだらけのクルマ選び」があったからこそ、日本の自動車は国際競争力をつけたといっても過言ではありません。

Tokudaijisan_04 Tokudaijisan_02

この日の会場では、本当に非常に多くの方が列席され、献花をなされました。献花というところも徳大寺さんらしい感じがします。

Tokudaijisan_37 Tokudaijisan_38

また、供えられたお花も内外の自動車メーカーの経営陣からという、徳大寺さんの人柄とつながりの強さを感じるものでした。

Tokudaijisan_08 Tokudaijisan_10 

Tokudaijisan_11 Tokudaijisan_12

ご愛用の逸品も飾られます。ミニカーや自動車関連のものは言うに及ばず、喫煙具と筆記具にも大きなこだわりを感じます。またネクタイは全てクルマの柄というお洒落ぶりも垣間見ることが出来ます。

Tokudaijisan_24

壇上で徳大寺さんのご夫人から列席者にご挨拶があり、その後、特に徳大寺さんとつながりの深かった方々のスピーチが続きます。

Tokudaijisan_21 Tokudaijisan_27

徳大寺さんが日本のレース黎明期にトヨタのワークスドライバーだったことを生で知るレーサーで自動車評論家の津々見友彦さんは「当時は僕が二輪で、徳大寺さんが四輪のレーサー。四輪のことを一生懸命教えてもらった」と語られ、そして作家の北方謙三さんは一人の男の友人として「男の生き様を語り合った。とにかくわがままだった」と熱く語っていらっしゃいました。

Tokudaijisan_39

徳大寺有恒さんという巨星が旅立たれてしまったことは悲しい出来事ではありますが、その徳大寺さんがペンの力で育て上げた自動車業界をもっともっと良い方向に向けていくことこそ、これからの自動車メディアの使命ではないかと考えます。

(松永和浩)




あなたにおすすめの記事