0-100km/h加速1.98秒の爆発力! ポルシェ「タイカン」史上最速グレードをキャッチ

■これがテスラ・プラッドへの答えだ! タイカン初のトリプルモーター搭載

ポルシェは現在、フルエレクトリックモデル「タイカン」改良型を開発中ですが、その最強グレード「タイカンGT」(仮称)の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ タイカンGT 市販型プロトタイプ スパイショット
ポルシェ タイカンGT 市販型プロトタイプ スパイショット

ほぼフルヌード姿で捉えたプロトタイプのフロントエンドには、アグレッシブなバンパーに分厚いエンドプレートを備えたスプリッターが配置されています。

しかし、ヘッドライトは「カイエン」2024年型で導入されたHDマトリックスLEDセットアップを隠す、何らかの偽装があるようです。

ポルシェ タイカンGT 市販型プロトタイプ スパイショット
ポルシェ タイカンGT 市販型プロトタイプ スパイショット

側面では、内部にフルロールケージが確認できるほか、後部ドアを通って、キャビン内に入るワイヤーを隠すためのダクトテープがあります。

おそらく、屋根に取り付けられたセンサーを、後部座席に設置された試験装置に接続していると思われます。さらに足回りでは、巨大ブレーキ、後部では専用のスポイラーが装着されており、通常のタイカンでないことは一目瞭然です。

ポルシェ タイカンGT 市販型プロトタイプ スパイショット
ポルシェ タイカンGT 市販型プロトタイプ スパイショット

しかし、このプロトタイプに関する大きなニュースは、ボンネットの下に隠されています。同社の研究開発部門の関係者は、「私たちはテスラ モデルS『プラッド』に対するポルシェの答え、つまり1000psを超えるタイカンを開発しています」と述べています。

現在タイカンはデュアルモーターを積んでいますが、GTではトリプルモーターを搭載。VWグループでは、アウディ「SQ8 E-Tron 」(旧名 E-Tron S)が2020年後半から3モーターを搭載しており、最初のVWグループモデルではありませんが、タイカンでは史上初となります。

最高出力1000ps超えから繰り出されるパフォーマンスは、0-100km/h加速1.98秒以下、最高速度320km/hと予想されます。

タイカン改良型のワールドプレミアは、2023年内にも行われる予定ですが、パフォーマンスモデルが同時に公開されるかは不明で、正式名称も確定していません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・