マツダ最小モデル「MAZDA2」次期型は魂動デザインが進化! 満を持して2024年デビューへ

■ヘッドライトはシャープなデザインに変更され、二段型プロジェクター内蔵

マツダは現在、ブランド最小モデル「MAZDA2」次期型を開発中ですが、最新情報をもとに予想CGを制作しました。

マツダ2 次期型 予想CG
マツダ2 次期型 予想CG

MAZDA2は、2014年から販売されていた第4世代「デミオ」が大幅改良された2019年に「MAZDA2」としてリボーンしたモデルで、これが10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

マツダ2
マツダ2

次期型のエクステリアデザインですが、面の凹凸を流麗にデザインした、マツダ独特のフォルムを採用、魂動デザインの進化がみられそうです。

ディテールを予想すると、タイヤハウスの調和された膨らみで踏ん張り感をイメージアップし、グリルは薄型に変更、高級感がアップしそうです。

ヘッドライトはシャープなデザインに変更され、二段型プロジェクターを内蔵。またアンダーグリルは、前面に押し出したデザインとなり、そのデザインに合わせたディフューザーもオシャレな仕上がりが期待出来そうです。

キャビン内では、最新の「ニューマツダコネクトインフォテインメントシステム」を搭載します。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリン+マイルドハイブリッドの「SKYACTIV-G1.5」、およびディーゼルの「SKYACTIV-D1.5」をラインナップするほか、1.5リットル直列3気筒「SKYACTIV-X 1.5」が導入されると予想。SKYACTIV-Xは、ガソリンエンジンで圧縮着火を制御する技術を世界に知らしめた画期的エンジンで、現在は2.0リットル直列4気筒を展開しています。

また、ロータリーエンジンを発電機として使用するプラグインハイブリッド「e-SKYACTIVE R-EV」も期待されています。このエンジンは発電用の830ccロータリーエンジン(8C型)と電気モーターが組み合わされ、17.8kWhのリチウムイオンバッテリーを積みます。

MAZDA2次期型のワールドプレミアは、2024年秋以降と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・