フィアット「500/500C Sempreverde(センプレヴェルデ)」に新色「ルジアーダ・グリーン」をまとう限定車登場

■専用の16インチダイヤモンドカットアルミホイールを特別装備

いままで数多くの特別仕様車、限定車が設定されてきたフィアット500/500C。2023年7月20日(木)、限定車の「500/500C Sempreverde(センプレヴェルデ)」が発売されました。車名の「Sempreverde」は、イタリア語で「エバーグリーン、常緑」を意味し、爽やかな木々の青さが表現されています。

フィアット500センプレヴェルデのエクステリア
フィアット500センプレヴェルデのエクステリア

ベース車は、トコトコと加速する直列2気筒インタークーラー付きターボエンジンを積む「500 TwinAir Dolcevita(ツインエアー・ドルチェヴィータ)」です。内外装はポップな装いで、ダッシュボードには「ルジアーダ・グリーン」が配され、フィアット500に似合うポップな仕立てになっています。

500Cセンプレヴェルデのリヤビュー
500Cセンプレヴェルデのリヤビュー

ボディカラーには、新⾊の専⽤⾊「ルジアーダ グリーン」が採⽤されています。新緑を思わせる爽やかなボディカラーが楽しいドライブを演出してくれそうです。

限定車「センプレヴェルデ」のインパネ
限定車「センプレヴェルデ」のインパネ

足元には、専用の16インチ・ダイヤモンドカットアルミホイールが特別装備され、500Cにはブラックの電動開閉式ソフトトップを採用。カジュアルで軽やかでありながらも、質感の高さを抱かせるディテールも魅力的。

そのほか、ハロゲンヘッドライト/LEDデイライト、レザー調ステアリング、固定式ガラスルーフ(500)などが用意されています。

16インチ専用アルミホイールを特別装備
16インチ専用アルミホイールを特別装備

●価格/限定台数
「500 Sempreverde」:344万円/200台
「500C Sempreverde」:355万円/100台

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘 近影

塚田勝弘

1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年・・・