トヨタ「MR2」デビュー。139.5万円の破格な安さで入手できた国産初の量産ミッドシップ【今日は何の日?6月8日】

■トヨタのイメージリーダーとして登場したミッドシップスポーツ

1984年に登場した日本初のMRスポーツのMR2
1984年に登場した日本初のMRスポーツのMR2(弊社刊「ニューモデル速報第29弾トヨタMR2のすべて」より抜粋)

1984(昭和59)年6月8日、トヨタから日本初の量産ミッドシップスポーツ「MR2(AW10/AW11型)」がデビューしました。

ミッドシップとは、正確にはミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)のことで、車体中央に配置したエンジンで後輪を駆動させる、レーシングカーやスーパーカーで採用されている駆動方式です。


●高性能スポーツカーなどに採用されるミッドシップ

MRは、車体中央(前輪車軸と後輪車軸の中間)にエンジンを搭載し、後輪を駆動するレイアウト。前後輪の重量配分を等分設定し、さらに重量の重いエンジンやトランスミッションなどを旋回軸の近傍に搭載できるので、クルマの重心が中央に配置できます。

これにより、ステアリング操作に対してレスポンスの良いクイックなコーナリング性能、優れた運動性能が実現されます。また、フロントにエンジンがないのでフロントボンネットを低くでき、スタイリッシュなデザインができるメリットもあります。

一方で、エンジンを通常のクルマの後席付近に搭載するため、車室や荷室に十分なスペースが確保できず、基本的には2シーターになるので普通の乗用車には向いていません。裏を返せば、室内空間の狭さが問題とならず、走行性能を追求するF1やスーパーカーでは一般的に採用されているのです。

●手頃な価格で提供したMRスポーツだが、人気は限定的

MR2のショートなハイデッキ。シートの後方にエンジンを搭載
MR2のショートなハイデッキ。シートの後方にエンジンを搭載

1970年代の排ガス規制やオイルショックを乗り越えて、1980年代は高性能・高機能時代が到来しました。各メーカーは競って、個性的な高性能モデルを投入。そのような中、トヨタはスポーツモデルのイメージリーダーとして、アッと驚くミッドシップカーを世に送り出したのです。

MR2は、スラントノーズにリトラクタブルヘッドライト、リアはハイデッキのコンパクトスポーツで、パワートレインは1.5L直4 SOHC&1.6L直4 DOHCエンジンに、5速MTおよび4速ATの組み合わせが用意されました。

whatday_20230608_04
1989年に登場した2代目MR2。排気量を2.0Lに拡大して、インタークーラ付ターボで出力向上

一方で、コスト低減のため、パワートレインや足回りなどにカローラの流用品が多く、スポーツモデルとしては性能不足という、こだわり派からの意見も散見されました。車両価格は、標準仕様(1.5L)で139.5万円、上級仕様(1.6L)が164.2万円と、MRのスポーツカーとしては破格ともいえる安価な設定でした。

MRスポーツカーを手頃な価格で入手できることから、一部のスポーツカーファンからは高い人気を得ましたが、販売的には期待を裏切る結果となってしまいました。

●その後MRモデルが続いたが、現在MRモデルは国内に存在せず

2015年にデビューしたホンダのS660。残念ながら2022年に生産販売
2015年にデビューしたホンダのS660。残念ながら2022年に生産販売

1980年代に先陣を斬ったMR2に続いて、国内でのMRスポーツモデルは、1990年にホンダのスーパーカー「NSX」、1991年にホンダの軽2シーターオープン「ビート」、1992年に軽初のガルウィングを装備したマツダ「オートザムAZ-1」と続きました。

しかし、2代目「MR2(1989年/SW20型)」の後を継いだ1999年登場の「MR-S」が2007年に発売を終えると、国内からいったんMRスポーツは姿を消しました。

その後、MRスポーツが復活したのは2015年のホンダ「S660」でした。そのS660も2022年に生産を終えたため、国内にはMRを採用している現行市販モデルは存在しません。


初のミッドシップということで大きな話題を呼んだMR2でしたが、評判の割に販売は伸びませんでした。振り返るに当時は、日本中が浮かれていたバブル時代、良心的手頃な価格でなく、もっと尖ったハイステータスの高性能MRにすれば、ひょっとすると結果は違っていたかもしれませんね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン 近影

Mr. ソラン

某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り・・・