三菱の2ドアクーペ「エクリプス」後継モデルは日産Zからエンジンを流用?

■Z新型からインスピレーションを得たデザインを採用?

三菱が過去に発売していた2ドアクーペ「エクリプス」復活の噂を入手、その予想CGが制作されました。

三菱エクリプス_003
三菱エクリプス 後継モデル 予想CG

初代エクリプスは、1989年に発売。当時人気を博していたマツダ「サバンナRX-7」、日産「フェアレディ300ZX」、トヨタ「スープラ」など、強力なライバルがひしめく市場に参入。第2世代では、クライスラー社との緊密な関係の中で開発されました。

三菱は以降4世代にわたり2012年まで販売された後、2017年にクロスオーバーSUVで「エクリプス」名を復活させました。

しかし、ついに「クーペ復活プロジェクト」が動き出した可能性があるといいます。

三菱エクリプス_004
三菱エクリプス 後継モデル 予想CG

三菱は現在、日産、ルノー、そのほかのブランドを含む大規模なコングロマリット(複合企業)の一社となっています。エクリプス後継モデルでは、ルノー・日産・三菱アライアンスのプラットフォーム共有により、日産Zを支えるRWプラットフォームを流用、兄弟モデルとなると噂されています。

三菱エクリプス_001
三菱エクリプス

第5世代の予想CGでは、明らかにZ新型のデザインに基づいていることがわかります。しかし、ヘッドライトとグリルは、最近発表された三菱「XFC コンセプト」にインスパイアされているようです。

後部では、T字型LEDテールライトを装備、どうやらXFC コンセプトと多くのコンポーネントを共有すると予想されています。

復活するとなれば、パワートレインは、日産Zの3.0リットルV型6気筒ターボエンジンを流用、9速オートマチックギアボックスと組み合わされる可能性もあると思われます。ただし最新情報では電動パワートレインを使用する可能性もあるといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?