ランチア「Y(イプシロン)」次期型はEVに進化か?デザインを大予想してみた

■2024年デビューの次期型は「eCMP」アーキテクチャ採用で電動化か?

ランチアは現在、コンパクトモデル「イプシロン」次期型を開発していると見られますが、その予想CGを入手しました。

ランチア イプシロン 次期型 EV 予想CG。フロントセクション
ランチア イプシロン 次期型 EV 予想CG

「Y」と書いてイプシロンと呼ばれる初代モデルは、1995年に誕生しました。3代目となる現行型は2011年に登場、ボディタイプは従来の3ドアから5ドアへ変更され、BセグメントからAセグメントへ移行されています。

デザイナーのマルコ・マルテーゼ氏から提供された予想CGは、ステランティスのアーキテクチャに基づくフルエレクトリックモデルだといいます。

フロントエンドには、超スリムなヘッドライトを装備し、左右がLEDバーで結ばれています。その下には同ブランドの五角形グリルを配置、スタイリッシュなバンパーインテーク、ボンネットの力強くダイナミックなラインなど、成熟したデザインが見てとれます。

ランチア イプシロン 次期型 EV 予想CG。フロントビュー
ランチア イプシロン 次期型 EV 予想CG

足回りにはタービン型アルミホイールを装着、ハッチバックとしては最低地上高に余裕があり、グロスブラックのホイールアーチと組み合わせることによりクロスオーバーのイメージに進化しています。

側面ではキックアップするキャラクターラインをはじめ、力強いCピラー、フラッシュドアハンドルやデジタルミラーが見てとれます。

ランチア イプシロン 次期型 EV 予想CG。リヤビュー
ランチア イプシロン 次期型 EV 予想CG

後部では、ルーフスポイラーや大型ウインドウが確認できます。またLEDテールライトはウインドウに内蔵され、ナンバープレートの上のスリムなLEDバーを介して左右が接続されています。

市販型では、ステランティスの「eCMP」アーキテクチャを採用、EVパワートレインは、最高出力136ps、最大トルク260Nmを発揮する強力な電気モーターと、約400kmの航続距離を可能にする50kWhのバッテリーが積まれます。

ランチアは2024年に次期型イプシロンを投入することをアナウンスしていますが、その詳細は明らかにされていません。しかし、入手した情報によると、次期型ではEVとハイブリッドパワートレインを提供、2028年にはEV専用モデルとなるといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?