正式名「911ダカール」。噂の「砂漠も走れる」ポルシェ911はLAショーで11月16日デビュー

■ポルシェが992型911にオフロード仕様を投入

911は、その卓越した走行性能をサーキットだけでなく、オフロードでも数多く披露してきました。

たとえば1978年の911 SCサファリは、5000kmの悪路を走破する東アフリカの「サファリラリー」に参戦。72台中13台のみがゴールラインを越えることができたという過酷なレースで、フォード・エスコートや三菱コルトランサーなど強敵を相手に2・4位の成績を収めています。

●1万km以上のオフロードでテストを敢行

1978年製ポルシェ911 SC サファリ。フロントビュー
1978年製ポルシェ911 SC サファリ

そんな“砂漠の911”に、最新バージョンが誕生します。それが「911ダカール」です。992型911の派生モデルとなるこのクルマは、2022年11月16日のLAショーでアンベールされる予定となっています。

「911ダカール」の車名は、1984年にポルシェが4WDの911で初めて総合優勝を果たした1984年のパリダカにちなんだもの。その栄光の名前に負けぬよう、開発テストでは1万kmを超えるオフロード走行を繰り返したということです。

開発チームはヴァイザッハのオフロードコースだけでなく、1万kmのオフロードコースを含め、累計50万km以上の限界走行を世界中で実施しました。

その中には、南フランスの有名な“シャトー ド ラストゥールのテストコース”も。「すべてのダカールチームは、ラリーの前にヨーロッパでテストをするために、ここへ車両を持ち込むんです」 ポルシェのワークスドライバー、ロマン・デュマはそう説明しています。

悪路で走行テスト中のポルシェ911ダカール プロトタイプ。フロントビュー
走行テスト中のポルシェ911ダカール プロトタイプ

2度の世界ラリー王者に輝くポルシェのレジェンドドライバー、ワルター・ロールもテストに参加しました。彼が試乗したのは、スウェーデンのアリエプローグの凍てつく湖の上。

素晴らしいコンディションにしつらえられた理想的な圧雪路で911ダカールの性能を吟味したワルターは、「信じられないくらい運転するのが楽しいクルマです。すべてがとにかく正確で、穏やかに作動します」とコメントしています。

悪路で走行テスト中のポルシェ911ダカール プロトタイプ。リヤビュー
走行テスト中のポルシェ911ダカール プロトタイプ

レーシングドライバーのイェルク・ベルクマイスターも、その完成度に驚きの感想を漏らしました。「これだけの地上高とオールテレインタイヤを与えられたクルマが、アスファルトの上でも『ポルシェ911らしく』感じられるなんて思ってもみませんでした」

氷点下の北極圏では氷上や深い雪の中を、40度を超えるドバイやモロッコでは50mもの険しい砂丘を繰り返し走って実力を磨きあげてきた911ダカール。911の“もうひとつの顔”を見せる新しい派生モデルは、まもなく正式デビューを迎えます。

三代やよい

この記事の著者

三代やよい

三代やよい 近影
自動車メーカー勤務後、編集・ライティング業に転身。メカ好きが高じて、クルマ、オートバイ、ロボット、船、航空機、鉄道などのライティングを生業に。乗り継いできた愛車は9割MT。ホットハッチとライトウェイトオープンスポーツに惹かれる体質。生来の歴女ゆえ、名車のヒストリーを掘り起こすのが個人的趣味。