ポルシェが計画中のタイカン最強グレード、その驚愕のスペックとは?

■テスラ モデルSプラッドに対抗し3モーター搭載か

先日、ポルシェのフルエレクトリックサルーン「タイカン」に設定されるとみられる、高性能モデルのプロトタイプを捉えましたが、その驚愕のパワーが判明しました。

ポルシェ タイカン_010
ポルシェ タイカン 最速グレード 開発車両 スパイショット

現時点でのEVサルーンの最高峰といえば、米テスラの「モデルS プラッド」です。心臓部には、3基の電気モーターを積み、システム合計出力は1,034psを発揮。その動力パフォーマンスにより0-100k/h加速を1.99秒で駆け抜けます。

対してライバル「タイカン」現行型では、ソフトウェアのアップデートだけではパワーが向上しない可能性があるといいます。

バッテリーパックは少なくとも 1000hp(745kw)の電力を供給できるはずなのですが、問題はモーターの制限。他のすべての1000馬力のエレクトリックモデルは3モーター構成ですが、タイカンは2モーターなのです。

つまり、モデルSプラッドに対抗するには、3モーターを積むモデルを開発しなければならないのです。しかし、現在のシャシーパッケージングでそれが可能なのかは疑問で、新たなタイカンを開発している可能性があります。

●ターボSを上回るスペックが与えられると予想

ニュルで初めて捉えたプロトタイプのフロントエンドには、スプリッターが装着されています。外側のエッジは新設計されている可能性があるほか、ヘッドライトの下にはカナードもありそうです。フロントウィンドウの上部、ルーフ先端の突起は計測のためのセンサー類と思われます。

ポルシェ タイカン_012
ポルシェ タイカン 最速グレード 開発車両 スパイショット

側面では、サイドスカートにエアロコンポーネントを追加し、キャビン内にはロールケージ、RECAROスポーツシートが確認できます。

足回りには、5本のスポークを備えた複雑なデザインのホイールを装着。内部にスペースを持つスポークは軽量化を意識したものでしょう。また、大きな黄色のブレーキキャリパーは、このクルマにカーボンセラミックブレーキが搭載されていることを示しています。

後部では、デッキリッドスポイラーに大きな固定式リアウィングを装着。バンパー下部のディフューザーもアグレッシブに新設計されており、パフォーマンスモデルである可能性が高いです。

ポルシェ タイカン_009
ポルシェ タイカン 最速グレード 開発車両 スパイショット

現在、タイカンのラインアップにおける最強モデル「ターボS」では最高出力761ps・最大トルク1050Nmを発揮しますが、この新型モデルでは最高出力1000ps以上を発揮、0-100km/h加速2秒未満、最高速度320km/hオーバーという驚愕のスペックを持つと予想されます。

市販型の車名は「タイカンGT」などが候補に挙がっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?