ホンダ新型「アコード」のフロントマスクを公開。内部には史上最大のタッチディスプレイを搭載

■12.3インチのインフォテインメントスクリーンはGoogleと統合

ホンダは現在、フラッグシップサルーン「アコード」次期型を開発中ですが、そのティザーイメージが初公開されました。

ホンダ アコード_001
ホンダ アコード 新型 ティザーイメージ

初代アコードは1976年に3ドアハッチバックとして発売、10代目となる現行型は2020年に日本で発売されましたが、北米では2017年に発売、すでに5年が経過しています。

ホンダ アコード_003
ホンダ アコード 新型 ティザーイメージ

新型最初のティザーイメージでは、フロントエンドにはLEDデイタイムランニングライトを上部に備える、シビック新型風のスリムなヘッドライトを装備しています。

北米仕様の「HR-V」から意匠を得た、六角形のメッシュグリルや角張ったノーズも確認できます。

リアエンドでは、中央の「H」ロゴまで伸びるスリムなLEDテールライトを配置、10代目モデルのC字型と比較するとかなりインパクトが強いです。さらに、コンパクトながらスポーティなトランクリッドスポイラーを装備するほか、「ACCORD」のロゴも見てとれます。

ホンダ アコード_002
ホンダ アコード 新型 ティザーイメージ

キャビン内の画像では、新開発のインフォテインメントディスプレイを披露。12.3インチはブランド史上最大といいます。

ディスプレイは長方形で、ダッシュボードの上に配置されており、画面レイアウトは最新のシビックに似ていますが、物理的なボタンはほとんどなくなっています。

タッチコントロールはGoogleとのパートナーシップにより改善、「外出先でのシームレスな接続のために」統合された、Googleビルトインを使用する最初のホンダになるといいます。

残っている唯一のコントロールスイッチは、ディスプレイの下にあるオーディオボリュームコントロール用のノブで、画面左には、フルデジタルと見られるインストルメントクラスターが確認できます。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドなどを採用すると予想されています。

新型アコードのワールドプレミアは、2022年11月と思われます。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?