2日間で戦闘力アップ!「TEAM TOYOTIRES DRIFT」川畑真人選手が2勝目でタイトルを射程圏内に【D1GP AUTOPOLIS DRIFT】

■残り2戦で、首位に4ポイント差まで肉薄

優勝した川畑選手
川畑選手は、富士スピードウェイでの開幕戦以来の優勝となりました。

10月22日(土)、23日(日)に大分県・オートポリスでD1GPの第6戦・第7戦が開催されました。

TEAM TOYOTIRES DRIFTの川畑真人選手と藤野秀之選手は、両日ともに追走トーナメントに勝ち上がってポイントを獲得。川畑選手は第7戦で優勝し、ポイントランキング首位の横井選手との差を4ptsにまで縮めました。

●第6戦はベスト4に進出できず

マシンの仕上がりは上々ということもあって、今回は大きなアップデートもなく大会に臨んだTEAM TOYOTIRES DRIFTの2台。大会前の時点で川畑選手はトップと11pts差のシリーズ2位、藤野選手はトップと28pts差の5位につけています。

川畑選手vs中村選手
中村選手と対戦した川畑選手はやや力みすぎてミスをしてしまいました。

第6戦まずは単走決勝からスタート。藤野選手は1本めにまずまずの得点を出し、2本めにはさらに点を伸ばして、97.72点で12位通過。川畑選手は1本めに失敗してしまいますが、2本めには98.12点を出して7位通過を果たします。

今季投入したGR86は2台ともほぼ同じ仕様ですが、非常に扱いやすいようで、単走の得点をとるのに苦労することはないようです。2人とも最高速は160km/h前後と速いので、追走でも強さを発揮できそうです。

藤野選手vs上野選手
ベスト16で上野選手と対戦した藤野選手。

そして追走トーナメント。まずは藤野選手がレクサスRCに乗る上野選手と対戦し、近い距離の後追いを見せて勝利します。

いっぽう川畑選手は、昨年のチャンピオン中村選手と対戦。飛び込みまではしっかり中村選手をとらえていましたが、その先で動きを乱し、接近ポイントを奪えずに終わってしまいます。

「ビタビタで行ってやろうと思って、クルマばかり見てしまって振り後れました。周りが見えていなかった」とのこと。強敵だったこともあって、ちょっと力が入りすぎていたようです。

第6戦の決勝
決勝。横井選手(先行)。横井選手は大きなミスなく走り、優勝を決めました。

そしてベスト8でRX-7に乗る松井選手と対戦した藤野選手は、近い位置からの同時振りを見せ、終始接近ドリフトを見せましたが、角度が浅い場面もあって得点が伸びず、わずかな差で敗れてしまいました。

横井選手
第6戦優勝の横井選手。現在のポイントリーダーです。

なお、この日はランキング首位の横井選手が優勝したため、ポイントではやや差を広げられてしまいました。

●前日よりも強さを増した川畑選手

川畑選手の単走
川畑選手は見事な走りで単走を2位通過しました。

そして、翌日に行われた第7戦。単走決勝で先に走った藤野選手は、1本めから98.4点と通過確実な高得点。2本めは98.5点とわずかに点を伸ばして5位通過を決めました。

いっぽう川畑選手は、またしても1本めに失敗。あとがない、プレッシャーがかかる状態で2本めに臨みましたが、こんどは迫力のある振り出しと安定したコーナリング姿勢を見せて、99.24点を獲得。単走優勝には届きませんでしたが、堂々の2位通過を決めます。

川畑選手は、1本め失敗して2本めに高得点という変則的なパターンが最近多いようです。また進入速度は167km/h台という速さ。じつは、前日は排気漏れのトラブルもあったようですが、この日は解消され、ブーストもしっかりかかるようになっていました。

藤野選手vs末永選手
藤野選手は末永選手に敗れ、9位となりました。

追走トーナメントでは、まず藤野選手がシルビアに乗る末永選手と対戦。藤野選手はまずまず近い距離のドリフトを見せましたが、DOSS(機械審査システム)の点が伸びず、ベスト16で敗退となってしまいます。

藤野選手
最近なかなかベスト4進出がない藤野選手。上位進出がみたいところです。

藤野選手は「ちょっとだけですけど歯車がうまく噛み合っていない感じですね。それがうまく合うようにがんばるしかないです」と語っています。

いっぽうの川畑選手は、対戦相手のミスもあってベスト16に勝利すると、GRスープラに乗る齋藤選手と対戦。川畑選手はこの日、ファイナルを変更するなどして加速力をアップさせていましたが、この対戦の前にもバンプタッチの調整をするなどして、前日よりかなり車両の戦闘力が上がっていたそうです。

齋藤選手は川畑選手より高い進入速度をマークしていた強敵でしたが、2本めの加速で突然のスローダウン。マシントラブルによってドリフトできず、川畑選手の勝ちとなりました。

川畑選手は次に中村選手と対戦。ここでは1本めの先行時に中村選手に当てられてしまいます。その修復に時間がかかり、タイムリミットを過ぎてしまったため、1本めの結果により川畑選手の勝利。川畑選手は決勝に進出しました。

川畑選手vs蕎麦切選手
決勝で蕎麦切選手と戦う川畑選手。

川畑選手の決勝の対戦相手は、2日連続で単走優勝を果たし、前日は追走でも2位に入っている蕎麦切選手。

1本めは川畑選手が後追い。川畑選手は加速から蕎麦切選手の真後ろにつけて近い距離で1コーナーに飛び込みます。ここで蕎麦切選手の姿勢が乱れ接触がありましたが、川畑選手は最後まできっちりついていきました。

川畑選手とマイク
優勝した川畑選手。「いい流れが来ているので、その流れに乗りたい」と話しています。

蕎麦切選手のミスによる減点もあったため、大きく川畑選手にアドバンテージ。蕎麦切選手の白煙で前が見えなくなっていた川畑選手は、1本めのフィニッシュライン後に、コースサイドのガードレールに接触していましたが、2本めもきっちり走りきり、蕎麦切選手に勝利。開幕戦以来の優勝を決めました。

蕎麦切選手
第6戦、第7戦ともに単走優勝し、追走でも2位に入った蕎麦切選手。注目の若手です。

ポイントリーダーの横井選手が単走で敗退、ノーポイントに終わっていたことにより、川畑選手は横井選手とわずか4pts差の2位につけました。

2022年シーズンはあと2戦、11月12日(土)、13日(日)に福島県・エビスサーキットで行われる第8戦・第9戦でシリーズが決まります。

(文:まめ蔵/写真提供:サンプロス、まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、水泳、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、原付二種バイク、シティサイクル、一輪車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。