フォルクスワーゲン「ゴルフ・ヴァリアント」に、トルクフルな走りとランニングコストに優れた2Lディーゼルエンジン仕様が追加

■ロングドライブの機会が多いなら一番手にしたいディーゼルエンジン仕様

ハッチバックモデルよりも、長距離走行や年間走行距離が多そうなステーションワゴン。2022年10月25日(火)、ステーションワゴンのフォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアントに、待望の2.0Lディーゼルエンジン「TDI」仕様が追加されました。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
長距離走行の機会が多いのなら魅力的なディーゼルエンジン仕様

TDI仕様は、トルクフルな走りが光るモデル。筆者は、現行ハッチバックの中でも最もバランスがよく、しかも高速域まで余力が十分にあり、TDIがベストチョイスと考えています。

ヴァリアントにも追加された2.0TDIは、最新技術の「ツインドージング(デュアルAdBlue噴射)」システムを採用。

窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に削減すると同時に、ハッチバックに乗った印象では、360Nmという最大トルクを裏切らない力感あふれる走りが美点なはず。燃料消費率も先代より大幅に改善されていて、WLTCモードで19.0km/Lを達成します。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
ゴルフ・ヴァリアントに加わった2.0TDI

グレード構成は、ハッチバックモデル同様、「Active Basic」「Active Advance」「Style」「R-Line」の4グレード展開。

同一車線内全車速運転支援システムの「Travel Assist」やデジタルメータークラスターの「Digital Cockpit Pro」などの先進装備がエントリーグレードの「Active Basic」から標準装備されています。

さらに、走行モードの切り替えが可能なドライビングプロファイルやシートヒーターなどの快適装備も全グレード標準で、LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」やヘッドアップディスプレイ、純正インフォテイメントシステムの「Discover Pro」など、通常、オプション設定の装備が標準化された「Active Advance」が設定されています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
走行モードの切り替えが可能

ほかにも、上質なトリムや電動パノラマスライディングルーフなどのオプションが選択できる「Style」、スポーティなエクステリアが目を惹く「R-Line」を用意。この「R-Line」では、ハッチバック同様、18インチアルミホイールもオプションから選べます。

2.0TDIの追加により、ハッチバック、ヴァリアントからなる新型ゴルフ・シリーズは、2種類のeTSIマイルドハイブリッドシステム搭載モデル、そして、2.0TDIクリーンディーゼルエンジン仕様に加えて、2種類の2.0TSIエンジンを採用したモデルと、計5種類のパワートレインになり、計19グレード構成になっています。

フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント
ラゲッジスペース(最大時)

高速道路などを使ったロングドライブの機会が多いのなら、2.0TDI仕様を一番手の選択肢にしたいところです。

●ゴルフ・ヴァリアントTDI価格
「Golf Variant TDI Active Basic」:374万9000円
「Golf Variant TDI Active Advance」:433万2000円
「Golf Variant TDI Style」:436万8000円
「Golf Variant TDI R-Line」:441万6000円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。