アウディ最強コンパクトハッチ「RS3」、早くも改良型を開発スタート?

■フロントバンパー両サイドに垂直のインテークを追加など

アウディのコンパクトハッチバック『A3』に設定されるハードコアモデル、「RS3」のプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

アウディ RS3_001
アウディ RS3 開発車両 スパイショット

しかし、現行A3は2020年に導入、その後、高性能「S3」が設定され、頂点に君臨する「RS3」は2021年に登場したばかりのほか、10月18日には「RS3 パフォーマンスエディション」が発表されたばかりで、改良型には早すぎる感じです。

アウディ RS3_009
アウディ RS3 開発車両 スパイショット

ですが、ボディ前後と下部をカモフラージュしたプロトタイプを検証していくと、細部がかなり変更されていることがわりました。

フロントエンドでは、バンパー両サイドに垂直のインテークが追加されているほか、グリルがダイヤモンドメッシュに刷新、その形状にも変化がみられます。さらに、フォーリングスのバッジは現行モデルよりフードに近い位置に配置、フェンダーはより角張ったデザインに新設計されています。

足回りでは、新しいY字10スポークホイールを装着し、その奥には穴の空いたクロスドリルドブレーキローターが見えます。

後部では、リアバンパーのフェイクグリルが削除されたように見えますが、カモフラージュは新デザインを隠している可能性があるほか、ディフューザーもわずかに異なるようです。また2本の楕円形エキゾーストパイプは健在のようです。これが改良型の場合、インテリアにもいくつかの微調整が期待できると思われます。

現行型のパワートレインは、2.5リットル直列5気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力401ps・最大トルク500Nmを発揮、7速デュアルクラッチボックスと組み合わされ、全輪駆動システムにパワーを送ります。トルク可変配分を実行し、ドリフトができる「トルクスプリッター」の搭載も魅力です。

これらの仕様に何らかのアップデートがなされるかは不明ですが、いずれにしても改良型が登場するまで、少なくともあと2年以上は時間がかかるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?