トヨタが「LFR」を商標登録。LFAの後継とみられるスーパーカーが市販化か?

■2021年公開「エレクトリファイド スポーツ コンセプト」の可能性

トヨタが、「LFR」と「レクサス LFR」の車名を欧州で商標登録したことがわかりました。現在、欧州連合知的財産庁が処理しており、商標が付与されるまで数ヵ月かかる可能性があるといいます。

レクサス エレクトリファイド スポーツ コンセプト_006
レクサス エレクトリファイド スポーツ コンセプト

通常レクサスは、2つの文字と3つの数字から車名がつけられることが多いですが、LFAなどの例外も見られます。

またハイブリッドパワートレインを持つモデルには、末尾に「h」のイニシャルが入りますが、この車名には入っておらず、今後新たに商標登録がみられるかもしれません。

レクサス エレクトリファイド スポーツ コンセプト_002
レクサス エレクトリファイド スポーツ コンセプト

LFRは、LFAと文字列が似ており、スポーツカーを示している可能性もありそうです。

注目は2021年12月、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで一般公開されたハイパフォーマンスEVのスタディモデル「エレクトリファイド スポーツ コンセプト」の市販化です。

今年のモントレーカーウィークでも展示され話題を集めましたが、現段階でこのモデルが「LFR」の正体である可能性があると見ていいでしょう。

エレクトリファイド スポーツのパワートレインは不明ですが、435マイル(700km) を超える航続距離を誇り、0-100km/h加速は2.0秒強というハイパフォーマンスを持つEVスポーツカーで、市販型ではシミュレーテッド・マニュアルトランスミッションを搭載すると噂されています。

これは電気モーターからの出力を制限し、ドライバーに「ギア」を変更してロックを解除させるものと言われています。ただし、このシステムはまだ実験段階にあるといわれ、最終的に採用されるかは不明です。

いずれにしても、LFRの正体が分かり次第、お伝えします。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?