従来品よりも静粛性、ライフ性能を高めたグッドイヤーのオールシーズンタイヤ「VECTOR 4SEASONS GEN-3/SUV」が登場

■ロードノイズ、パターンノイズを低減

グッドイヤー
「VECTOR 4SEASONS GEN-3」

日本グッドイヤーは、プレミアムオールシーズンタイヤの「VECTOR(ベクター)」シリーズに「VECTOR 4SEASONS GEN-3」「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV」を設定し、2022年8月1日から販売を開始します。

「VECTOR 4SEASONS GEN-3」は、全21サイズ展開で、そのうち2サイズは9月1日発売になります。

グッドイヤー
こちらは「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV」

「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV」は、全5サイズで、そのうち1サイズは9月1日発売。価格はいずれもオープンです。

両オールシーズンタイヤは、欧州で開発・生産されています。グッドイヤーのオールシーズンタイヤの冬性能は、市場から非常に高い評価を獲得しているそうで、今回の新商品はそれを上回る性能を実現したとしています。

グッドイヤー ベクター
新「Vシェイプドトレッド」を採用する

また、夏性能でもとくに静粛性とロングライフ性能の大幅な向上が図られています。

技術面では、両タイヤともに新「Vシェイプドトレッド」が採用されているのが注目点です。センター部に向かって狭くなる溝とパターンの最適化によってノイズを低減。従来品の「VECTOR 4SEASONS Hybrid」と比べると、パターンノイズは36%、ロードノイズは31%の低減が図られています。

グッドイヤー ベクター
「ドライハンドリングテクノロジー&新オールウェザーコンパウンド」のイメージ

「ドライハンドリングテクノロジー&新オールウェザーコンパウンド」と呼ぶ新コンパウンドを含めた最新技術も投入されています。高剛性トレッドがタイヤの変形を低減することで、ハンドリング性能を向上。新コンパウンド採用によりライフ性能も30%向上されています。

日本でもオールシーズンタイヤは、非降雪地域を中心に市場の拡大傾向が続いています。ウインター性能だけでなくサマー性能の向上も大切で、「VECTOR 4SEASONS GEN-3」「VECTOR 4SEASONS GEN-3 SUV」は、グッドイヤーの最新オールシーズンタイヤとしてこうした夏性能の向上が図られています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。