VWパサートベースのワゴン「スペルブ」次期型、巨大ディスプレイがチラリ

■VWの「MQB」プラットフォームを採用、より高いストラットを備えた八角形のグリル装備

チェコを拠点とする、シュコダが開発中の「スペルブ」次期型の最新プロトタイプを捉えるとともに、そのキャビン内をカメラが捉えました。

シュコダ スペルブ_009
シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ

スペルブは、ブランド最大の乗用車として1934年から1942年まで製造された歴史的モデルです。その後2001年、VW「パサート」をベースに59年ぶりに復活。

第4世代となる現行型は2015年に発売されており、2023年の発売を目指し、これが8年振りのフルモデルチェンジとなります。

シュコダ スペルブ_011
シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ コックピット

オーストリアで捉えたプロトタイプは、カモフラージュが厳重ながらも進化したアグレッシブなデザインが認識できます。

フロントエンドでは、より大きく、より直立したグリル、ミニマリストなデザインのスリムなヘッドライトを装備。下部には目立つエアカーテンとメッシュインテークを備えた新しいフロントバンパーが確認できます。

約2年前、エクステリアデザイナーのPetr Matusinec氏は、スペルブ次期型に関して「『モダンソリッド』の基準を満たす2023年のシュコダ スペルブは、より高いストラットを備えた新しい八角形のグリル、およびラジエターグリルに接続された幅の狭いヘッドランプを備えます」と語っています。

さらに、「後部では、新しいテールライトはよりスリムなC字型のユニットになり、スペルブは将来もその風格を維持します。そして市販型では、VWのMQBプラットフォームを維持し、パサート新型と兄弟モデルとなります」とかなり踏み込んだ詳細を伝えています。

初めて捉えたキャビン内には、センターコンソールから突き出たタブレットのようなタッチスクリーンを搭載。ディスプレイはオクタビアのものよりも大きいように見え、その下のパネルにはタッチセンシティブコントロールが含まれていると思われます。

フルデジタル化されたインストルメントクラスターは、これが事実上シュコダのフラッグシップ車であることを考えれば、標準装備となる可能性があるでしょう。

スペルブとVWパサート次期型は、ガソリンおよびディーゼルの両方にVWグループの最後の燃焼系エンジンを共有。

ICEはユーロ7の規制を満たすように設計されており、これら2台のモデルは、少なくとも2030年まで販売される可能性が高いようです。それぞれプラグインハイブリッドは導入されますが、フルエレクトリック版のパサートは、「エアロB」にバトンタッチされるため発売されない予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?