ポールスター3が公開直前。快適なクルーザーから、パフォーマンスカーに瞬く間に変身?

■10月12日デビュー、プラットフォームは次世代のボルボXC90と共有

ボルボが展開する高性能ブランド「ポールスター」は、ブランド初の電動クロスオーバーSUVとなる「ポールスター3」を開発中ですが、そのワールドプレミアが10月12日になるとともに、最新ティザーイメージを公開しました。

ポールスター3_005
ポールスター3 ティザーイメージ

ポールスター3は、高性能プラグインハイブリッドクーペの「ポールスター1」、初のフルエレクトリックセダン「ポールスター2」に続く第3弾となります。

ポールスター3_001
ポールスター3 ティザーイメージ

市販型では、次世代のボルボXC90とプラットフォームを共有し、高性能エレクトリックSUVとして販売、ボルボ/ポールスターの最も豪華で高価なSUVとなります。

性能面では、デュアルチャンバーエアサスペンションとアクティブダンパーが装備されるほか、サスペンションチューンはコンフォートとスポーツの設定を切り替えることが可能になります。

EVパワートレインは、電気トルクベクタリングを備えたデュアルモーターと大容量バッテリーを搭載。最高出力は510ps・最大トルク910Nmを発揮します。

1回の充電での航続距離は、WLTPサイクルで372マイル(600km)を目指して開発されています。またポールスターエンジニアードチームによるシャシーチューニングがなされ、よりスポーティなフィーリングが得られるといいます。

ポールスターCEOであるThomas Ingenlath氏は「快適なクルーザーから、シャープで機敏なパフォーマンスカーに瞬く間に変身するこの瞬間的な能力こそが、Polestar3を電動パフォーマンスSUV として特別なものにしているのです」と語り、「また、究極の安定性のための低重心と広いトレッド、そしてハンドルを握るエキサイティングなフィーリングの恩恵も受けています」と付け加えています。

ポールスター3のデビューは10月12日ですが、より効率的なシングルモーターモデルが後日ラインアップに加わる予定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?