フォードの象徴マスタング、歴代初の4ドアモデル誕生か? 新型のデザインを大予想

■ポルシェ「パナメーラ」やアウディ「A7」に対抗すべく4ドアクーペ開発

フォードは2022年9月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2022にて、ブランドの象徴である2ドアスポーツカー「マスタング」新型をワールドプレミアしましたが、その4ドアバージョンを大予想しました。

マスタング_003
フォード マスタング 4ドア 予想CG

ワールドプレミアと同時に、フォードのシニアエクステリアデザイナー、クリストファー・スティーブンス氏によるマスタング新型のスケッチが公開されたのですが、注目されたのが、その中の1カットにマスタングの4ドアバージョンが描かれていたことです。

マスタング_004
フォード マスタング 4ドア スケッチ

そのイラストでは、長いルーフ、コンパクトなリアドアが確認できます。

初代マスタングは1964年に誕生、58年間に渡り2ドアクーペのみ販売されている同ブランドの伝統的スポーツカーですが、数年前からポルシェ「パナメーラ」やアウディ「A7」に対抗すべく4ドアクーペ開発の噂があるほか、「マスタング マッハE」が4ドアであることを考慮すれば、マスタング新型に設定される可能性は否定出来ないでしょう。

そこで、予想CGを制作したのはお馴染み「Sugar Design」です。フロントエンドは最新のポニーカーからデザインを継承。スケッチより極端ではないクーペルーフ、実用性の高いリアドアを装備しています。

リアエンドは制作されていませんが、マスタングの象徴的なテールライト、クワッドエキゾーストパイプを備えている可能性が高いです。

マスタング新型のパワートレインは、2.3リッター直列4気筒ターボチャージャーエンジンと、5.0リッターV型8気筒エンジンが設定されています。このV8を搭載する「GT」では、マスタング史上最も強力なV8が予想されており、最高出力500psオーバーが期待され、4ドアクーペが導入されてもエンジンは共有されるはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?