481PS/535Nmを誇る5.0L V8エンジンを積むレクサス「IS500 “F SPORT Performance First Edition”」の抽選がスタート

■専用19インチアルミホイールや上質な専用インテリア加飾を用意

以前お伝えしたように、今や貴重な存在である5.0L V8という、大排気量NAエンジン搭載車のレクサス「IS500」が導入されます。カタログモデル「IS500“F SPORT Performance”」の販売開始時期は、2022年冬以降にアナウンスされる予定です。

レクサスIS500
特別仕様車のIS500“F SPORT Performance First Edition”

通常モデルの発売に先立ち、2022年8月25日(木)から500台限定の「IS500 “F SPORT Performance First Edition”」の商談申し込み(抽選)が開始されました。レクサス店で8月25日(木)から9月15日(木)までの受付となっています。当選者には、指定の販売店から連絡があり、商談を開始となります。

レクサスIS500
IS500“F SPORT Performance”のリヤビュー

今回、導入されるIS500は、V型8気筒5.0Lエンジンを積み、最高出力354kW(481PS)・最大トルク535Nmによる伸びやかで気持ちのいい加速、官能的サウンドが追求されたそう。

さらに、走りの味わいを左右するAVS(Adaptive Variable Suspension system)やEPSにチューニングが施され、フロントに加えリヤにもヤマハ発動機製の「パフォーマンスダンパー」を追加。質の高い乗り心地と操縦安定性を兼ね備えているそう。

レクサスIS500
IS500“F SPORT Performance First Edition”のアルミホイール

また、ブレーキにはフロントに356mm、リヤに323mmという大径ブレーキーローターを備えることで、制動力を向上させています。

外観も迫力満点で、大排気量のV8エンジンの存在を強調するボンネットフードの造形をはじめ、専用ブラックキャリパー、4連エキゾーストマフラーなどが、際だった存在感を放っています。

ローンチエディションである「IS500“F SPORT Performance”」には、専用の19インチ鍛造アルミホイール(BBS製マットブラック塗装)をはじめ、ブラック塗装の専用ドアミラーを用意。

レクサスIS500
IS500“F SPORT Performance First Edition”のスイッチベース

インテリアには、専用アッシュ(オープンフィニッシュ/ベンガラ)+専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)、専用オーナメントパネル(パワーウインドゥスイッチベース部)、特別仕様車専用ウルトラスエード/L texスポーツシート(ブラック/ブラウンパーフォレーション+ブラウンステッチ)、特別仕様車専用プレート(アッシュ)などが備わります。

●IS500価格
カタログモデル「“F SPORT Performance”」:850万円
特別仕様車「“F SPORT Performance First Edition”」:900万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。