VWゴルフR「20イヤーズエディション」がニュル最速記録を達成。歴史上最も強力なゴルフに

■標準の「R」仕様のタイムを約4秒上回る7分47秒31を記録

フォルクスワーゲン(VW)は、「ゴルフR」20周年記念モデルとなる「ゴルフR 20 Years Edition」が、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにて、正式に「フォルクスワーゲンR」ブランド最速になったことを発表しました。

VW ゴルフR_003
VW ゴルフR 20 Years Edition

ゴルフR記念モデルは今年5月に正式にデビューしていましたが、新たな記録で再び注目を集めています。

今回「ゴルフR 20 Years Edition」は、標準の「R」仕様が出していたタイムを約4秒上回る7分47秒31の記録を達成。ニュルブルクリンクにおいて、史上最速のフォルクスワーゲンRブランド車として公式に認定されました。

VW ゴルフR_002
VW ゴルフR 20 Years Edition

ゴルフR32の発売から20周年を記念して発売されたゴルフR 20 Years Edition は、ツーリングカーレースドライバーでフォルクスワーゲンR開発ドライバーでもあるベンジャミン氏と共に、ニュル北コースに挑みました。

ゴルフR20イヤーズは「Rパフォーマンスパッケージ」が標準装備され、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」ユニットを強化、最高出力は315psから328psに向上、0-100km/h加速は4.6秒のパフォーマンスを誇ります。

このハードウェアのアップグレードにより、サーキットの特定セクションでは時速265km/hの最高速度を達成、歴史上最も強力なゴルフになりました。

同ブランドは、2023年春までに「ゴルフR 20 Years Edition」を発売予定ですが、ニュルでの記録をともないその価値が一気に高騰するのは間違いないでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?