後輪駆動だけじゃなかった。新型・BMW M2に「xDrive」設定の情報

■ワールドプレミアは10月。あらたなティザーイメージを公式リーク

次世代のBMW「M2」は今年10月にワールドプレミアを控えていますが、その最新プロトタイプが公式リークされました。

BMW M2_001
BMW M2 新型 ティザーイメージ

M2次世代型は2023年4月に発売予定ですが、その仕様に関してはかなりのことがわかっています。

さらに、エンジンとブレーキをM4と共有するほか、新たに全輪駆動「xDrive」バージョンが設定されることが発覚しました。

このシステムは「M4 Coupe xDrvie」で採用されているものと同じで、「卓越したトラクション」と「さらに改善されたドライビングダイナミクス」を提供してくれるといいます。

また幅広い運転条件をカバーする5つの異なる運転モードを提供、車両はあら ゆる条件下で「予測どおりに動作する」と述べています。

BMW M2_018
BMW M2 新型 キャビン内

パワートレインは「M4」から「S58」エンジンを流用、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンをデチューンし、6速マニュアル ギアボックス、またはオプションの8速オートマチックと組み合わされます。

最高出力は410ps~420ps、「M2コンペティション」では450ps~470psを発揮すると予想されています。

BMW M2_014
BMW M2 新型 キャビン内

キャビン内では「iDrive8」を搭載したすべてのBMWと同じ巨大なカーブド・デュアルスクリーンのダッシュボードディスプレイを搭載するはずです。

足回りでは、M4と同じアダプティブダンパーと、275/35-19フロントタイヤと、285/30-20リアタイヤを装備するという情報も入っています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?