レクサスCT次期型、クラウンに続くハイライディングボディへ進化?デザイン大予想

■最新のTNGAプラットフォームを採用、ボディが拡大

レクサスのコンパクトハッチバック「CT」次期型に関する最新情報を入手、その予想CGを制作しました。

レクサスCT_001
レクサスCT 次期型 予想CG

初代である現行型CTは2011年に発売、以降度重なる改良はなされていますが、これまでフルモデルチェンジはありません。発売から11年経過、同ブランドでもっとも古いモデルがいよいよ2代目へ世代交代します。

レクサスCT_006
レクサスCT 現行型

次期型(後継モデル)最大の注目は、ボディスタイルが現行のハッチバックから、SUV風が予想されています。ただし、「NX」「UX」とバッティングを回避するため、バリバリのクロスオーバーSUVではなく、流行の兆しを見せるハイライディング・クロスオーバーが噂されています。

市販型では最新のTNGAプラットフォームを採用、ボディが拡大します。エクステリアデザインはクロスオーバーの要素を取り入れたデザインが有力で、ウインドウCピラーをリヤ部分まで伸ばし、視界をアップ。さらにリヤ付近を張り出したデザインで迫力が向上、フロントノーズを吐出させたデザインでスポーツ感を印象付けさせます。仕上げは、大胆なカットの縦型ディフューザーはヘッドライトまで伸ばしたデザインにより、精悍な顔つきに変貌することが期待できそうです。

キャビン内では、「RX」や「NX」最新モデルで採用されている大型インフォテインメントディスプレイやヘッドアップディスプレイを搭載、センターコンソールのギアシフターは従来のものより、大幅にコンパクトなデザインが予想されています。

パワートレインは、新開発の1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン、同エンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッド、そしてBEV(Battery Electric Vehicle)など多彩なラインアップが期待できるでしょう。

また、ハイブリッドモデルのCT200hの燃費にも注目で、現行型の23.9km/Lから大幅に改良、ハイライディングながら30km/Lを目指し開発中だといいます。

次期型は最速で2023年、遅れれば2024年初頭と予想され、市販型は「CT」の車名が変更される可能性もありそうです。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?