3色のマットカラーを設定した300台限定の特別仕様車「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」を発売

■22インチアルミホイールやAMGモデル専用サスペンションを搭載

長い納期待ちが伝えられ、在庫が少なくなるなど、大人気のメルセデス・ベンツGクラス。2022年7月28日(木)、300台限定の「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」が発表されました。

メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition
こちらは「マグノオパリスホワイト」

なお、同時発表された200台限定の「メルセデスAMG G 63 Edition 55」と同様、発表と同時に予約注文の受付が終了している場合があり、正規販売店に出向く前に問い合わせするようにアナウンスされています。デリバリーは、2022年10月より順次開始される予定です。

「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」のベースは、「メルセデスAMG G 63」。

メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition
「グリーンヘル マグノ」をまとう「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」

エクステリアで目を惹くのは、ドイツ本社で新設定されたマットペイントの「グリーン ヘルマグノ」「マグノオパリスホワイト」「マグノコッパーオレンジ」の3色のボディカラーです。

さらに、バンパーやルーフトップ、ドアミラーやスペアホイールカバーリングなどに「マグノナイト ブラック」のアクセントが付加されています。

メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition
こちらは「マグノコッパー オレンジ」

また、前後スリーポインテッドスター、モデルバッジがブラック仕上げになり、ヘッドライトやウインカーなどがブラックスモーク仕様になるなど、細部まで精悍なムードが漂います。

足元には、「マットブラックペイント」の22インチ「AMGクロススポークアルミホイール」を特別装備。

インテリアには、カーボンとリサイクル原料を使った人工皮革の「DINAMICA」が採用された「AMGパフォーマンスステアリング」が備わり、特別感が演出されています。さらに、前席にシートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーターとリラクゼーション機能が備わり、快適なドライブを提供します。

メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition
「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」のフロントシート

また、滑らかな触感で上質さが漂う、ダイヤモンドステッチ付ナッパレザーシート、ナッパレザーダッシュ ボードを標準装備。なお、レザーにはボディカラーとコーディネイトされたステッチが施されます。

搭載されるエンジンは、最高出力585PS(430kW)、最大トルク850Nmを発揮するAMG製4.0LのV8直噴ツインターボで、パワフルな走りを容易に引き出せます。ハイパワーに対応する「AMG強化ブレーキ」「AMGモデル専用サスペンション」も備わり、足まわりの強化も図られています。

ボディカラーは、左ハンドルの「グリーンヘル マグノ」が50台、同じく左ハンドルの「マグノコッパー オレンジ」が100台、左ハンドルの「マグノオパリスホワイト」が75台。右ハンドルの「マグノオパリスホワイト」も75台となっています。特別なマットカラーをまとう「メルセデスAMG G 63 Magno Hero Edition」も早い者勝ちになるのは必至です。

●価格:2860万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。