ダイハツ・タフトに新しい特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」が設定。2022年秋に発売

■ベース車も一部改良を受け、新ボディカラーや9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定

スズキ・ハスラーとライバル関係にあるダイハツタフトに、新たな特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」が2022年秋に加わります。2022年7月27日(水)、「ダーククロム ベンチャー」の情報を公開すると共に、先行受注が開始されました。

ダイハツ タフト
「Gターボ ダーククロムベンチャー」のエクステリア

特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」に加えて、タフトのイメージを強調するボディカラーの追加、利便性を向上させた9インチスマホ連携ディスプレイオーディオが設定されるなど、ベース車の一部改良も盛り込まれるそうです。

ダイハツ タフト
「Gターボ クロムベンチャー」のエクステリア

2020年に発売されたタフトは「Tough & Almighty Fun Tool」を掲げ、日常使いからレジャーまで幅広い用途に使われ、好評を得ているそう。

今回の特別仕様車は、2021年5月に発売され、大きな反響があったという特別仕様車の「クロム ベンチャー」に加えて、よりタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾が施された「ダーククロム ベンチャー」として新たに設定され、今秋から発売されることになります。

ダイハツ タフト
「Gターボ ダーククロムベンチャー」のインパネ

また、好評のアースカラーには新たな「セラミックグリーンメタリック」と力強さを感じる「クロムグレーメタリック」「レーザーブルークリスタルシャイン」の3色がベース車も含めて追加されます。

ダイハツ タフト
9インチディスプレイオーディオ

ほかにも、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオが設定されるなど、利便性の向上も盛り込まれています。

塚田 勝弘

【関連リンク】

ダイハツ・タフトの特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/pdf/taft_teaser_leaf.pdf
※PDFファイルで開きます

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。