BMW新型M3ツーリング。未公開の「マン島グリーン」カラーのプロトタイプを激写

■0~100km/h加速は3.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンス

BMWは6月22日、高性能M3初となる「M3ツーリング」を初公開しましたが、プレス写真では未公開の「マン島グリーン」カラーのプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

BMW M3ツーリング_001
BMW M3ツーリング マン島グリーンカラー プロトタイプ

足回りには複雑なスポークパターンの黒いホイールを装着、その後ろにはダークブルーのブレーキキャリパーも確認できます。

BMW M3ツーリング_008
BMW M3ツーリング マン島グリーンカラー プロトタイプ

M3ツーリングは、コンペティション仕様でのみ提供されます。これにより、3.0リッター直列6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力503馬力、最大トルク649Nmを発揮することになります。高性能ワゴンには、8速オートマチックおよび全輪駆動「M xDrive」のみが付属、ドライバーはすべてのパワーを後輪に送るモードを選択できます。

また0~100km/h加速は3.6秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを持ち、オプションの「Mドライバーズパッケージ」では、最高速が280km/hまで向上します。

ボディサイズにも変化が見られます。通常の3シリーズツーリングと比較して、M3は3.3インチ(8.38cm)長く、3インチ(7.62cm)広くなります。 またM3セダンよりも約200ポンド(90.72kg)重いですが、後部座席を倒した状態で、53.3立方フィート(1,509L)の後部貨物スペースを提供してくれます。

M3ツーリングですが、北米では3シリーズツーリングを販売していないため、北米や中国に導入される可能性は低いです。欧州市場では9月にオーダーを開始、12月にデリバリースタートが予定されており、価格は103,587ユーロ(約1,500万円)からとなっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?