マツダ「RX-9」との共同開発もある?トヨタ「GR GT3」市販型の特許画像がリーク

■市販型はレクサスブランドで販売?

トヨタ GR GT3_003
トヨタ GR GT3 特許画像

トヨタ東京オートサロン2022にて、スーパースポーツ「GR GT3コンセプト」を初公開、既存モデルをベースにしていないピュアスポーツカーに世界が注目しましたが、その市販型と思われる特許画像が流出しました。

トヨタ GR GT3_010
トヨタ GR GT3 コンセプト

GR GT3コンセプトは、エクステリアデザインと、全長4590mm、全幅2040mm、全高1140mm、ホイールベース2725mmというボディサイズのみがアナウンスされていますが、そのボディシルエットからミッドシップが予想されます。

トヨタ GR GT3_004
トヨタ GR GT3 特許画像

スウェーデンのエージェント経由で入手した特許画像ですが、最大の注目は巨大リアウィングの排除でしょう。代わって統合されたダックテールスポイラーが装着されており、市販型の可能性がありそうです。

トヨタ GR GT3_005
トヨタ GR GT3 特許画像

ウィングレスを除けば、レーシングホイール、最低地上高、サイドマウントエキゾーストパイプ、フロントフェンダーエアベント、際立つスプリッターやフロントバンパーのカナード、そして後部にディフューザーを備えた超ロースタンスを維持しているようです。

また長いボンネットには大きなベントを配置、車体右のBピラーには燃料キャップが見てとれます。シャープで鋭いヘッドライトは、スリムなグリルと融合、全幅のLEDテールライトは、リアバンパーの大きな開口部にうまく統合されています。

GR GT3が発売されれば、スープラの上位に位置するフラッグシップスポーツカーとなることが予想されますが、3千万円以上も予想されており、価格帯を考慮するとレクサスブランドから発売される可能性もありそうです。

またコンセプトが発表されたとき、そのシルエットがマツダ「RX-Vision GT3コンセプト」と酷似していると話題になっており、市販型では噂のマツダ「RX-9」とのコラボレーションも可能性がゼロとは言い切れないでしょう。

MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT
MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT
MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT
MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT


話題の尽きないGR GT3ですが、その市販型を見ることができるのは2024年以降となりそうです。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?