BMW M3ツーリングがニュル新記録を引っさげワールドプレミアへ

■ワゴンモデル最速7分35秒060でメルセデスAMG「E63Sステーションワゴン」を抜き去る

BMWはハードコアモデル「M3セダン」の派生モデルとなる「M3ツーリング」発表直前ですが、正式発表前に衝撃ニュースが入りました。

BMW M3ツーリング_007
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

オンボード映像とともに発表されたのは、M3ツーリングがニュルブルクリンク・ノルドシェライフェにおいて、ワゴンモデル最速レコードとなる7分35秒060を叩き出したというものです。

BMW M3ツーリング_009
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

これまでの最速はメルセデAMG「E63Sステーションワゴン」の7分45秒でしたが、その記録を大幅に塗り替え、新王者の誕生となりました。

M3ツーリングは公式デビューしておらず、パワートレインの詳細は明かされていませんが、セダンの3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを流用、最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮すると見られます。

BMW M3ツーリング_003
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

キャビン内では、3シリーズ改良新型と共有する「BMWカーブドディスプレイ」を搭載、12.3インチのインフォテインメントディスプレイと、14.9インチのコントロールディスプレイを配置、「iDrive8」をインストールしているはずです。

M3ツーリングの正式デビューは、6月23日の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に決定しており、「M4 CSL」と同時発表が予定されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?